樹木葬に掛かる費用というのは皆様が知りたい項目の1位、2位を争うひとつだと思います。ですが樹木葬地によっては、掛かる費用の項目名が違ったりして、「この費用とこの費用は違うの?」となって不安に思ったりします。

今回は京都にある樹木葬地3か所と本サイトで紹介している樹木葬地の費用を比較してみます。

樹木葬地のある正覚庵の庭の市松模様
shougonimg03

お墓に掛かる費用紹介します。

まず「場所代」です。ご遺骨は「墓地域」と定められた場所にしか埋葬することはできません。これは墓埋法(ぼまいほう)という法律によって定められています。

従来のお墓だったら「墓石代」とそれに伴う「工事費」が掛かります。

最後に管理費や護持費、お布施、入檀料など、場所によっては掛からないこともある費用です。

かなりアバウトな説明ですが、不動産でいうと、土地用意して、家を建てて、オプションがいくつかあるイメージです。※お墓の場合土地は購入ではなく使用する権利となります。

京都の樹木葬の場合


 

本サイトでご紹介している5ヵ所の樹木葬地からご説明します。

墓所使用料(永代供養料含む)

上記の場所代に相当する費用に33年の永代供養料が含まれます。

納骨料

納骨には専門の業者による作業費が掛かります。

年会費

年2回の合同供養祭やそれに伴う通信費に掛かる費用となります。

石碑彫刻

墓苑の傍に、区画番号とお名前を刻印できる石碑があります。希望者のみの費用となります。

正覚庵の廊下

京都市のA墓苑の場合


 

京都市内の寺院樹木葬地の場合

1区画価格

区画により年数や費用が変わる永代供養料が含まれます。また樹木葬ですが石のプレートが付いた墓碑の費用も含まれているようです。

納骨手数料

墓碑の彫刻料や、お骨を粉骨しなければならないためパウダー費用が追加で掛かります

年間護持費

そのまま墓苑を護持するための費用となります。

項目は京都の樹木葬と似ていますが、粉骨しなければいけなかったり、石のプレートがあったりするので、全体の費用だけでなく、納骨の内容も詳しく問い合わせるのが良いと思います。永代供養期間など生前で考えられることはあるので選べるのは良いですね。

宇治市のB墓苑の場合


 

宇治市内の樹木葬地の場合

〇〇プレート

利用人数による変わる費用形式で、すべて込み込みでの費用となっています。内訳としてプレートに名前を刻み、永代供養、管理費不要となっています。

明朗会計といいますか、一目でわかる費用なのでありがたいのですが、内容を1つ1つ知ってからの方がいいと思います。また人数による変わるので生前で探されている場合は、長い目で見ての購入を考えるのが良いと思います。

費用を比べるためにも


同じ京都で、樹木葬と謳ってはいても、費用の項目は三者三様です。言葉は違えど、同じ意味合いだったり、その墓苑独自の項目だったりします。比較検討するためにも、自分なりの定義を作っておくのも良いと思います。

最初に書いたように、場所代(永代使用料)に、永代供養料、納骨料、墓石は作らなければならないかなどです。特に「〇〇に含む」場合は分かりにくかったりしますので、不明な点は遠慮なくお問い合わせ頂ければと思います。

樹木葬の場合、墓石がないイメージですが、従来の石のお墓のように、墓標として石のプレートがあったり、また土に還らずに骨壷のまま納骨する場合もございます。そのため別途費用が発生することもあるので要注意です。