1. TOP>
  2. 樹木葬を知る>
  3. 樹木葬の納骨について

納骨について

納骨とは

遺骨を骨壷に入れる、また骨壷などに入れていた遺骨を、お墓や納骨堂などに納めることをいいます。 樹木葬では葬地に埋葬することをいいます。

方法

京都の樹木葬では1区画【20cm×20cm(正覚庵・即宗院は25cm×25cm)】に2霊まで納められます。 縦に50cm掘り下げ遺骨をいれ、ケイ砂をかぶせたのち真土をかぶせます。
※納骨作業は100年以上続く京の石匠が行います。

京都の樹木葬の納骨の穴の断面図

正確に計測した区画にお骨を埋葬します。 骨壷に入れたお骨を丁寧にさらし木綿(自然に還ります)に移しかえます。
穴に木綿ごと埋め真土をかぶせ、苔、または小隈笹を戻し埋葬完了となります。

京都の樹木葬の納骨時の写真
納骨時の例(イメージです)

納骨のよくある質問

お骨はすべて入るのですか?
地域によって、火葬後のお骨を全骨収骨する場合があり、その場合、納めるお骨の量が多くなり、樹木葬によっては一部を土の下に、残りは永代供養墓に入れるところがあると聞きます。しかし京都の樹木葬ではお骨の量に関わらず、すべて土の下に納骨することができます。

京都の樹木葬の納骨さらし木綿

必要なもの

京都の樹木葬の納骨式風景

費用

時期

「必ずいつまでにしなければならない」という決まりはありません。「墓地、埋葬等に関する法律(墓地埋葬法)」でも時期の規定はありません。 四十九日の法要当日に合わせてする場合が多いようですが、ご希望の日を伺い住職、石材店と相談し納骨日を決定致します。 気持ちの整理がつくまでは、手元供養などで遺骨を置いておき、ご自身やご家族の納得するタイミングで埋葬できます。 一周忌、お彼岸や初盆といった節目で納骨される方もいらっしゃいます。

納骨当日

京都の樹木葬の建仁寺塔頭両足院墓前読経画像

その後

埋葬後は、従来のお墓のようにいつでも墓参できます。 またご希望の場合は、年忌法要(1周忌、3回忌、7回忌など)寺院と相談のうえ執り行えます。 年2回(春秋)の合同供養祭も執り行われます。

関連する記事

樹木葬
流れ
費用
紹介
質問
見学

会社概要

京都の樹木葬 運営事務局 カン綜合計画
住所 〒604-0993
京都府京都市中京区久遠院前町669-1 サンアートビル4F
TEL/FAX 075-257-7977 / 075-257-7839
E-mail info@jumokusou.jp
現地見学会フォーム画像
現地見学会フォームボタン
資料請求ボタン
資料請求ボタン