2020年10月24日に東福寺塔頭の即宗院にて、秋の供養祭を行いました。

コロナウイルス感染拡大防止、感染予防を鑑み、春に引き続き、法話や茶話会は行わない供養祭となりました。

墓苑には温かい日が差す天気に恵まれ良い日となりました。

即宗院の供養祭の様子

自然の中でお参りする


樹木葬はその名の通り、樹木を墓標とするお墓です。そのため、屋内ではなく、屋外なので、3密は避けられることになります。

しかし即宗院の供養祭の場合は、和尚や住職の法話を楽しみに来られる方も多いので、こうした状況の中、残念に思われる方は多いと思います。

ただ供養に関しては、離れていても供養する気持ちは変わらずにということで、いつも通り、墓前での法要を行いました。

即宗院の供養祭の墓苑の様子

墓苑の隈笹


乱雑に生えていた小隈笹をカットしたり、墓苑に行くまでの道のりを整備したりと日々環境が変化しています。どんぐりが落ちていたり、冬に近づくにつれ、落ち葉が増えたりと、季節を感じるのが樹木葬の良い所です。

即宗院の供養祭の献花の様子

来年の春にはきっと


コロナ禍ですので、皆が集まる合同供養祭というのは、難しいのが現状です。しかし屋外でやる墓前読経は、皆さまがソーシャルディスタンスを守り集まる分には良いと思います。

とくに即宗院の自然苑は、広いので、皆が集まっても密にならないのでいいですね。