京都の樹木葬のロゴ

樹木葬ランディングキャッチコピー

お墓の不安にお答えする

「京都の樹木葬」のの安心

永代供養なので

安心

継承者がいなくてもお寺がお守りします。

宗旨・宗派不問で

安心

法要の際は、臨済宗の教義によって執り行われます。

有名寺院なので

安心

大本山塔頭の樹木葬なので廃寺の心配がありません。

環境に優しく

安心

骨壷のまま納骨するのではなく、さらし木綿に包んで納骨します。

「京都の樹木葬」はの樹木葬地から選べます

誰もが知る京都の有名寺
「東福寺」「建仁寺」「大徳寺」の
それぞれ個性ある樹木葬地となっています。

東福寺 荘厳院樹木葬地

東福寺塔頭 荘厳院

シンボルツリーとして京の春と秋を彩る 「しだれ桜」と「モミジ」の2本の樹木が植っています。

一人利用50万円

二人利用70万円

代々利用80万円
※改葬の場合のみ

東福寺 即宗院樹木葬地

東福寺塔頭 即宗院

深い緑に囲まれた中、野趣豊かな小隈笹(コグマザサ)の下、地中深く埋葬されます。 静かで落ち着いた空間です。

一人利用50万円

二人利用70万円

建仁寺 両足院樹木葬地

建仁寺塔頭 両足院

大きな銀杏と欅の木陰の下に石畳、古御影石に囲まれて佇んでいます。

一人利用60万円~70万円

二人利用80万円~90万円

大徳寺 正受院樹木葬地

大徳寺塔頭 正受院

大名竹に囲まれ、杉苔の墓苑の回りは楓やしだれ桜のゆったりした空間になっています。

一人利用50万円

二人利用70万円

継承者がいなくとも永代供養なので安心

自然に還る葬法で
緑豊かな葬地で眠ることができます。

東福寺 荘厳院 葬地風景

東福寺塔頭 荘厳院 樹木葬

シンボルツリーとして京の春と秋を彩る 「しだれ桜」と「モミジ」の2本の樹木が植っています。 埋葬される東西に長い杉苔の地は1日中陽があたり、東福寺の石積みによく使われている十津川石で囲まれています。

一人利用
500,000円

二人利用
700,000円

代々利用
800,000円

※代々利用は改葬の場合に限る

東福寺 荘厳院 樹木葬地前

入り口

入り口には石碑が立っており、お庭を通って墓苑に向かいます。

東福寺 荘厳院お庭の瓦

お庭

苔、樹木と自然の風合いを残しつつ瓦など趣き深い落ち着いた空間です。

東福寺 荘厳院葬地の桜

シンボルツリー

春には枝垂れ桜が可愛らしく咲き誇ります。毎年の楽しみのひとつです。

東福寺 荘厳院葬地の杉苔

墓苑

優しい雰囲気になる杉苔の下に眠ります。

東福寺 即宗院 葬地風景

東福寺塔頭 即宗院 樹木葬 自然苑

深い緑に囲まれた中、野趣豊かな小隈笹(コグマザサ)の下、地中深く埋葬されます。 自然苑は、三方に高木と瓦塀で囲まれた静かで落ち着いた空間となっていて、南向き緩やかな3段の小隈笹に覆われた埋葬地となっています。

一人利用
500,000円

二人利用
700,000円

東福寺 本堂

東福寺三門

1952年に国宝に指定された三門禅宗寺院の巨大三門として現存最古のもので。

東福寺 即宗院へ続く偃月橋

偃月橋

東福寺三名橋のひとつ「えんげつきょう」四〇〇年以上前に建築された重要文化財。

東福寺 即宗院のお庭

お庭

広いお庭は、特別拝観されることもあり紅葉が美しく開放的な空間。

東福寺 即宗院樹木葬 自然苑の小隈笹

小隈笹

南向きで常に明るい葬地は小隈笹に覆われています。

建仁寺 両足院 葬地風景

建仁寺塔頭 両足院 樹木葬 緑雲苑

四条通から花見小路(料亭一力)角を南に折れ、祇園歌舞練場の先が建仁寺です。 両足院は大本山 建仁寺の法堂東側に所在する塔頭です。 両足院の樹木葬地は山門を入り、禅寺特有の白砂の中庭、菱型の飛石を渡りながら門を潜り墓所の奥、大きな銀杏と欅の木陰の下に石畳、古御影石に囲まれて佇んでいます。

一人利用
600,000~700,000円

二人利用
800,000~900,000円

建仁寺 本堂

風神雷神図屏風

建仁寺の寺宝として名高い。保存のため、実物は京都国立博物館に寄託されているが、高精細の複製品が寺内に常時公開されています。

建仁寺 両足院樹木葬 緑雲苑へと続く道

樹木葬地への道

お庭を眺めながら、ひし形の飛び石を渡り葬地へ向かいます。




建仁寺 両足院のお庭

お庭

京都府の名勝庭園に指定される池泉回遊式庭園は半夏生のお庭としても有名。

建仁寺 両足院樹木葬 緑雲苑のシンボルツリー

シンボルツリー

大きな欅と大銀杏が涼しげな緑陰をつくってくれ、落ち着いてゆっくり故人を偲んでいただけます。

大徳寺 正受院 葬地風景

大徳寺塔頭 正受院 樹木葬 茈林壇

大徳寺山内のほぼ中央、石畳を隔て大徳寺山門の西側にある、静けさと歴史を感じられる素敵なお寺です。 山門を入ると緑豊かな木々の中に、本堂や山口玄洞好みの茶室があり、その奥が樹木葬地。 大名竹に囲まれ、杉苔の墓苑の回りは楓やしだれ桜のゆったりした樹木葬地となっています。 利用者は、瑞々しい杉苔の下深くに埋葬されます。

一人利用
500,000円

二人利用
700,000円

大徳寺 本堂

金毛閣

総門を入ると朱塗りの豪壮華麗な三門。三門上層に千利休が自身の木像を安置したことで秀吉の怒りを買い自刃する。

大徳寺 正受院樹木葬 緑雲苑へと続く道

茶室

墓参道には山口玄洞好みの茶室「瑞応軒」が。




大徳寺 正受院のお庭

お庭

本堂から眺めるお庭。秋の美しい紅葉は必見。

大徳寺 正受院樹木葬 緑雲苑のシンボルツリー

墓苑

苑内では枝垂れ桜にモミジ、侘助(椿)が咲き、杉苔の墓苑を美しく彩ります。

電話アイコンTEL075-257-7977
京都の樹木葬管理・運営 カン綜合計画

お申込みの流れ

ご自身だけではなく
ご家族にもご納得頂けるよう、サポート致します。
ご不明な点や、ご不安に思われることは
お気軽にお問い合わせください。

樹木葬へのお問い合わせイメージ

まずはお気軽にお問い合わせください。

合同見学会を随時行っております。
日程が合わない場合、個別でもご案内しております。お問い合わせくださいませ。
電話アイコンTEL075-257-7977
電話アイコン見学会申し込みへ進む
京都の樹木葬
管理・運営 カン綜合計画
(電話受付9:00~18:00)

樹木葬現地見学イメージ

現地見学

弊社スタッフと共に実際現地に行きご案内致します。ご不明な点や、ご不安な点があればなんでもお気軽にご相談ください。
※4ヶ寺全てを見学するのではなく、ご希望の寺院のみを見学することも可能です。

樹木葬の契約イメージ

契約

樹木葬地の区画を決め、墓所使用契約を寺院と取り交わしていただきます。墓所使用料及び初年度の年会費等のお支払いを確認後、樹木葬地の墓所使用許可証を交付します。

樹木葬の納骨イメージ

納骨

納骨は、予め日時を管理者と協議の上決定します。納骨当日は、使用許可証の他、埋葬許可証を管理者に提出し所定の手続きをしていただきます。

電話アイコンTEL075-257-7977
京都の樹木葬管理・運営 カン綜合計画

京都の樹木葬について

昨今樹木葬と呼ばれるものが増えている中
京都の樹木葬だけの特徴や
選ばれる理由をご紹介致します。

大本山のお寺のイメージ

大本山

位が高く仏教の一宗派の末寺を統轄する寺の大本山塔頭の寺院なので廃寺の心配が無用。

自然に還る

骨壷のまま納骨する樹木葬もあるようですが、京都の樹木葬では自然に還るよう、さらし木綿に包まれたご遺骨を土に入れ納骨します。

京都の樹木葬の納骨イメージ
臨済禅寺の両足院画像

臨済禅寺

「禅宗」という言葉は「坐禅をする宗派」という位の意味に一般的に使われていますが、 「禅宗」には、 臨済宗と曹洞宗、黄檗宗が含まれます。

ロケーション

山間部や墓参するのに交通が不便な場所ではなく、公共交通機関で簡単に行ける町中にあり、観光を兼ねてお参りすることができます。

建仁寺両足院のお庭
電話アイコンTEL075-257-7977
京都の樹木葬管理・運営 カン綜合計画

よくある質問

従来のお墓と違う部分もあり
それが不安に繋がっている方もおられます。
実際ご見学頂いた方から寄せられた
ご質問をまとめました。

Q1

樹木は1人1本ですか?

A1

京都の樹木葬では、ツツジなど灌木を植える里山型樹木葬とは異なり、寺院内シンボルツリーとしての樹木がある所などもございます。

Q2

現地見学はいつ行っても大丈夫ですか?

A2

非公開寺なので、通常一般の方は見ることができませんが、弊社が開催する現地見学会にて担当と共に見学することができます。 詳しく知りたい方はぜひご参加ください。 ご見学をご希望の方はお電話(075-257-7977)またはメールフォームからお気軽にお問い合わせください。

Q3

どのように永代供養をしていただけるのですか?

A3

最期の納骨者が33回忌を迎えるまで、年2回、春と秋の時期に臨済・禅宗の教義に則り合同供養いたします。参加は自由です。

Q4

33回忌が過ぎれば、もう供養はしていただけないのでしょうか?

A4

33回忌が過ぎれば、土となったお骨の一部を寺内の総墓に遷座し供養が続きます。

Q5

継承する子供のいない夫婦や単身者でも使用できますか?

A3

京都の樹木葬では継承者を必要としない永代供養墓です。生前に契約しておくことで安心した生活を送ることができます。

Q6

今あるお墓や、納骨堂から出してお骨を入れたいのですが?

A4

可能ですが、次の2点にご注意下さい。 1.改葬手続きが必要となります。改葬許可申請書は、今、収めてあるご遺骨所在地の市町村役場でもらえます。各市町村で手続き方法が異なりますのでご確認下さい。 改葬許可申請には、改葬先の「受入証明書」が必要となりますので、樹木葬寺院との契約が先行します。次に、墓地管理者(お寺、霊園事務所等)に埋葬証明書欄に署名捺印をしてもらえば、手続書類は整いますので市町村窓口に申請を行うと後日改葬許可証が発行されます。 2.土葬で埋葬されている場合には火葬していただく場合があります。

電話アイコンTEL075-257-7977
京都の樹木葬管理・運営 カン綜合計画

アクセス

京都の樹木葬がご紹介する葬地は全て
京都市内

見学会の集合場所

東福寺荘厳院山門前

東福寺即宗院山門前

建仁寺両足院山門前

大徳寺正受院山門前

京都駅からの所要時間

他府県からのお越しの方へ京都駅からのアクセス

京都駅からかく樹木葬地への所要時間

荘厳院まで約13分
京都駅→JR東福寺駅【3分】 徒歩【10分】

即宗院まで約16分
京都駅→JR東福寺駅【3分】 徒歩【13分】

両足院まで約20分
京都駅→京阪祇園四条駅【13分】 徒歩【7分】

正受院まで約26分
京都駅→北大路駅【13分】 バス【8分】徒歩【5分】

電話アイコンTEL075-257-7977
京都の樹木葬管理・運営 カン綜合計画