先日の「京都の樹木葬の5か所を比較|実はどれも〇〇なんです」の続編になります。前回は5ヵ所の樹木葬を比較しようと思いましたが、言葉の説明だけで終わってしまいました・・・

さて前回の記事から5ヵ所の樹木葬のそれぞれの名前などがわかったと思います。今回は、それぞれの位置関係を比較してみましょう。

南から東福寺、建仁寺、大徳寺


前回樹木葬は大きく分けて3か所というのをお伝えしました。その3か所の位置関係をご説明します。

東福寺

最寄り駅は京阪の鳥羽街道駅、若しくはJRと京阪の東福寺駅です。どちらも徒歩で行ける距離に東福寺はあります。25の塔頭を有し、広い境内なので、塔頭の場所によっては、鳥羽街道駅の方が近い場合もあります。逆も然りです。

建仁寺

京阪祇園四条駅が一番近く、次に阪急の河原町駅が最寄となります。こちらも徒歩で行ける範囲になり、四条通から、花見小路通は観光客で常に賑わう通りとなっています。まさに町中にある樹木葬となっています。

大徳寺

京都は紫野にあるこのお寺は、上記2か所に比べ落ち着いた場所にあります。最寄駅は地下鉄の北大路の駅となり、徒歩ですと20分以上ありますが、バスがかなりの本数あり、乗車時間も短いのでバスがおすすめです。

通り名なら


京都の住所はよく縦(南北)と横(東西)の道の交差するところで表されます。カン綜合計画がある事務所の位置で言えば、「寺町丸太町を下がったところ」といえばだいたい伝わります。

この3か所の場所で言えば東福寺が【九条】辺り、建仁寺が【四条】、大徳寺が【北大路】となります。

行きやすさ


ではそれぞれの行きやすさを比較していきます。

電車(京阪沿線)なら

建仁寺!次点で東福寺

どちらも京阪に最寄駅があるのですが、徒歩での距離と平坦な道ということで建仁寺に軍配です。

他府県から来るなら

ダントツで東福寺

他府県からなら、とりあえず京都駅を目指すはず、それならば、京都駅から一駅の東福寺駅です。

バスなら

大徳寺!次点で建仁寺

京都はバスが多く通ってますので、京都での移動はバスが非常に便利です。バス停から近い大徳寺がおすすめです。バス停の名前も「大徳寺前」ですからね

というわけで、どれもが1位を獲得してしまい比較にならないかもしれませんが、自分が今住んでいる場所からなら、どれが一番便利か、わかるはずです。

墓参の問題として、年齢や体力的なもので行くことが難しいということがあります。それならば、お墓は場所で選ぶのも良いと思います。皆様が良い終活できるようお祈りしています。