樹木葬は、自然に還る葬法なので、人里離れた山中にあるというイメージがあるようです。自然に還るのは魅力的だけど、お墓参りにいくのが大変そう。自分ならまだしも、子供に負担になると思うと不安。

そういった思いの方も少なくないはず。ですが、実は樹木葬は街中にあるのです。しかも「駅から〇〇分」の位置に...しかしこういうキャッチコピーには少しご注意を。ではご紹介します。

合わせて「樹木葬って山中にあるんでしょ?遠いなあ・・・と思ったら町中にあった話」もどうぞ

駅から徒歩圏内


こうやって声高に「駅から近いんです!徒歩〇〇」と謳い文句にしているところは少し注意です。

樹木葬を紹介する立場として、色々なキャッチコピーを考えるので、様々なコピーの裏の意味はこれだなっていうのがわかってきます。

駅の場所は?

このコピーの場合、実はその駅が田舎の駅だったり、主要な駅ではない場合やその駅に行くまでに時間が掛かるパターンです。これだと駅から近くても魅力は半減です。

駅のみの魅力

続きまして、「駅近」しか魅力がない場合。樹木葬について褒めるところが駅から近いだけではダメだと思います。墓苑自体の魅力。墓苑を管理してくれるお寺や霊園の魅力、安心感が必要なので、過剰に「駅から近い」を謳っているところは注意した方がいいでしょう。

ここまで書いておいてなんですが、あえて言わしてもらいます。

京都の樹木葬の魅力の一つは主要駅から徒歩圏内にあるところです。

四条駅と鳥羽街道駅


本サイトでご紹介している京都の樹木葬は、東福寺と建仁寺と大徳寺の塔頭寺院です。その中でも駅から徒歩で行ける樹木葬地があります。さらにその駅は、アクセスの良い駅となります。

京阪の祇園四条駅と、京阪の鳥羽街道駅です。

京都の街中といえば、四条界隈です。そんな街中に行く駅が祇園四条駅です。そこから徒歩7分の位置にあるのが建仁寺。その中の塔頭である両足院に樹木葬があります。

京都で一番大きな駅と言えば京都駅です。新幹線も止まりますし、JR,近鉄、地下鉄との連絡もあります。そんな京都駅からわずか一駅が東福寺駅です。ここからでも樹木葬地に歩いても行けますが、さらに隣の京阪鳥羽街道駅からなら3つの樹木葬地へ歩いて行くことができます。

近い順に紹介すると

徒歩5分の荘厳院徒歩6分の正覚庵徒歩8分の即宗院のそれぞれの樹木葬地に行くことができます。

東福寺の場所をgooglemapで確認する

建仁寺の場所をgooglemapで確認する