緊急事態宣言の解除が見送りとなった今週、ようやくコロナワクチンが日本に到着したという嬉しいニュースが。暗く長かったトンネルの出口の光がやっと見えてきた感じです。そんな中、今週は5組11名のご見学となりました。

正覚庵の樹木葬の墓苑風景
東福寺の臥雲橋からの眺めのモノクロ画像

おんらいん見学の新たな試み


東福寺京都府在住愛知県在住両親用

ご両親の為に娘様夫婦で見学。お母様はオンラインで愛知県のご自宅から見学。昨年、お父様を亡くされたとのことで、3月に納骨を希望。緊急事態宣言もあって見に来ることができないお母様に代わって、娘様が現地見学にお越しくださいました。そして同時にオンラインでお母様が見学されるという、弊社でも初めての試みでした。正覚庵は現在本堂の補修工事の為、大規模な足場を組んで作業されており、作業車や工事用具などで景観がいつもと違うのですが、この工事が完成した時の景色を想像されて楽しみにされていました。即宗院は、橋を渡って庭を抜けていく景色にワクワクしながらの見学となり、現地とオンラインで親子の会話も弾んでらっしゃいました。どちらの墓苑も甲乙つけがたく、娘と相談して早めに決めたいとのことでした。

建仁寺の境内パノラマ写真

オンライン庭園見学?


建仁寺京都府在住兵庫県在住母と娘用

Zoomを利用して兵庫県にお住いのお母様と、京都在住の娘さんとで「おんらいん見学」をお申込み頂きました。お父様が8年前に亡くなり代々のお墓に眠っているとのこと。お母様はそこには入りたくないということで、今回はお母様のお墓として検討。お母様は今回初めてZoomを利用されたようですが、娘さんのレクチャーもほとんど必要なく、こちらの用意した資料を見ながらだと難なく開始できたご様子でした。お母様は何度か特別拝観等に来られたことがあるようで、両足院の景観や墓苑の雰囲気も大変気に入っていただけたようでした。帰りに、半夏生のお庭をぐるりと散策しながら案内すると、半夏生の時期に来た良い思い出が蘇ってきたようで大変喜んでいただけました。娘さんも、自分も一緒に入りたいと、二人用で検討するとのことでした。

両足院本堂の冬

京都の樹木葬の案内人より


 

今週はオンラインでの見学が3件ありました。60代、70代の方でもあまり抵抗なくご利用いただけているようです。今まで、オンラインでご夫婦一緒にや、離れているご家族でオンラインという流れは何度もありました。今回初めて、現地にお子様が来られてオンラインで親に見てもらうという新たな見学手法でのご案内となりました。オンラインの説明だけじゃなく、お子さんが現地でしっかりと見て回ることでより信用度・説得力が増す効果があるような気がします。今後オンラインでの見学が主流になっていくのかわかりませんが、どんどん新しいことも試みて、皆さんのお役にたてればと思います。

おんらいん見学はこちら

個別見学はこちら

2分でわかるおんらいん見学ムービー