荘厳院の樹木葬地のしだれ桜

先日、2019年4月6日東福寺塔頭「荘厳院」にて春の合同供養祭が執り行われました。

春の時間を楽しめる日

暖かい気候で、上着を脱いでちょうどいいぐらいの気持ちの良い日でした。墓苑の中にあるしだれ桜は、可愛らしくポツポツと咲いていましたが、京都の鴨川沿いは満開で絶好の花見日和だったのではないでしょうか。

荘厳院の供養祭風景

ピクニック気分

今回は、境内にベンチをご用意頂き、また、住職の奥様や、大奥様から、花の種、ラベンダーの香り袋、味噌汁などを振舞って頂ました。いつもは法要まで、本堂でお待ち頂くのですが、皆様境内で、ゆっくりと日向ぼっこ、春の時間をお楽しみ頂けたのではないでしょうか。

荘厳院のたけのこ掘りを楽しみに来る子供、墓友と近況を報告し合う方たちと、終始アットホームな雰囲気でした。

また温かい春に会えるのを楽しみにしています。

荘厳院の供養祭の一コマ

詳細は会報で

また今回来ることができなかった方にも、会報にてお知らせいたします。ここには載せていない、墓前の写真や、供養祭の全体のお写真も掲載してお渡ししますので、お楽しみに。

また秋の供養祭では、多くの方にお会いできるのを楽しみにしています。