東福寺塔頭正覚庵の樹木葬 
法洲苑(ほうしゅうえん)

目次

  • 墓苑風景
    • 全景
    • 墓苑図
  • 法洲苑の概要
    • 法洲苑とは
      • 個別埋葬
      • 区画について
      • 納骨について
      • 33年間の永代供養
      • 墓参について
    • 法洲苑のポイント
      • 大本山の塔頭のお墓
      • 自然に還る埋葬方法
      • 宗旨宗派不問
      • 継承者不要
    • 樹木葬に掛かる費用
  • 正覚庵とは
    • 境内図
    • インスタグラム
    • 正覚庵へのアクセス

第3期区画案内中!!

法洲苑は大本山東福寺の塔頭寺院の正覚庵(しょうがくあん)にある樹木葬地です。1区画50万円~どなたでもご利用頂けるお墓です。

1区画50万円~

どなたでもご利用頂けるお墓です

草木イメージイラスト

墓苑風景

全景

正覚庵の樹木葬の全景

墓苑全体をぐるりと一周できる特徴的な形で、東山から流れ出る地下水が樹々や草花を豊かに育て、墓苑の周りを彩ります。名前の由来は先々代の法洲和尚の名前の墓苑となっています。

墓苑図

正覚庵樹木葬の墓苑図

①石碑:お名前と区画番号を彫刻できる石碑が建っています。(希望者のみ)
②五輪の塔:墓苑の中に佇む石塔
③紅葉:墓苑の中に楓が植わっており、季節毎に墓苑を彩ります。
④飛び石:墓苑の中に飛び石があり、埋葬された場所の近くで手を合わせることができます。墓苑端に階段がありそこから墓苑を横断するように歩くことができます。

正覚庵樹木葬の正面からの風景
緑の杉苔に覆われた部分が墓苑となります。楓や桜、楓などをシンボルとした樹木葬地とです。
正覚庵の墓苑の中からの風景
墓苑の中に飛び石、五輪塔が佇む、お寺のお庭のような景観です。
墓苑周りの手水鉢
手水鉢など墓苑の周りも綺麗に整えてあります。
墓苑横の花立
お参りは従来のお墓と同じように。花立や線香台もご用意しています。

正覚庵の樹木葬の全景

法洲苑の概要

法洲苑とは

個別埋葬

樹木葬の個別埋葬のイメージ

墓苑は区画毎の利用となり、1区画25cm×25cmの大きさになります。1つの区画に穴を掘り1霊若しくは2霊まで埋葬することができます。他の方のご遺骨と混ざることのない個別空間での埋葬となります。 単身者だけでなく家族やご夫婦のためのお墓です。

区画について

樹木葬の区画イメージ

自然の景観を大切にするため、明確な境界線はありませんが、数字やアルファベットが書かれた石版が傍にあり、埋葬された区画を確認することができます。

納骨について

樹木爾埋葬断面図

土に還る方法での埋葬となります。一区画の中心に丸い穴を掘り、さらし木綿の納骨袋に包んだご遺骨を埋葬します。2霊の場合、区画内の上下に埋葬します。

33年間の永代供養

正覚庵の供養祭風景

埋葬後33年間、お参りに行けない人に代わってお寺が墓苑の管理、供養します。その後は土に還ったお骨を土ごと合祀墓に移し引き続き供養します。2人利用の場合は2人目が埋葬されてから33年間となります。 ※画像はイメージです

墓参について

正覚庵の墓参時のお花の風景

非公開のお寺ですが、墓参する方は自由に出入りすることができます。9時から16時頃までは開門していますので、時間内はお参り頂けます。墓苑の近くには、バケツや線香立て、花立をご用意しています。ご使用後は必ず元の場所に戻し、お線香の火は消してください。

法洲苑のポイント

1

大本山の塔頭のお墓

歴史あるお寺の塔頭寺院が維持管理するので、廃寺の心配がなく安心してご利用頂けます。

2

自然に還る方法で埋葬

納骨方法は、骨壷から出したお骨をさらし木綿に包んで埋葬するので、自然に還ります。

3

宗旨宗派不問

これまでの宗旨宗派を問わず、どなたでもご利用頂けます。墓苑の法要等は臨済宗の教義に則り行われます。

4

継承者不要

継承を前提としないお墓ですので夫婦だけやおひとり様で契約する方も多く、自然に還す方法なので墓じまいをする必要もありません。

正覚庵の墓苑風景

樹木葬に掛かる費用

墓所使用料 1人利用 50万円  2人利用 70万円
納骨料 3万円/霊
年会費(法洲会) 5千円/年間
石碑彫刻費 1万5千円/銘(希望者のみ)

墓所使用料(1区画)

1人利用 50万円 2人利用 70万円 上記の金額に永代供養料も含みます。墓所区画の33年間の使用料と後の合祀の供養料

納骨料(3万円/霊)

納骨は専門の業者による作業料として1霊3万円を頂戴します。

年会費【法洲会】(5千円/年間)

法洲苑の樹木葬地の環境保全や年二回(春・秋)の合同法要祭の実施、法洲会の樹木葬会報や行事情報の提供に掛かる費用となります。

石碑彫刻費用(1万5千円)希望者のみ

墓苑の側にある石碑に、お名前(俗名)と区画番号を彫刻いたします。生前の場合は赤文字で、お亡くなりになられたら黒字となります。

正覚庵の墓苑風景

正覚庵とは

正覚庵の広い境内地風景 筆供養で知られ、「筆の寺」とも呼ばれている。西応三年(1290年)奥州伊達政依(伊達家四代)により東福寺南谷に創建され、 開山は東福寺五世・山叟慧雲(さんそうえうん)による。山号は碧玉山、また大正から昭和の初めには俳人川端茅舎が多くの俳句を詠むなど文人墨客が集まる寺となる。

境内図

東福寺の正覚庵までの境内図 正覚庵の境内図

正覚庵のインスタグラム

臨済宗大本山東福寺塔頭 正覚庵です 毎年11月23日に行われる筆供養。全国から奉納された、使い古した筆に感謝し供養する行事をしています。他にもイベント 坐禅会 日々の事など御紹介しています。

正覚庵へのアクセス

東福寺 正覚庵〒605-0981 京都府京都市東山区本町15丁目 808番地
〇電車でのご案内
【JR奈良線】「東福寺駅」から徒歩11分 【京阪電車】「鳥羽街道駅」から徒歩6分
〇バスでのご案内
202、207、208系統 「東福寺バス停」から徒歩11分
〇お車でのご案内
名神高速京都南ICより約4㎞ 名神高速京都東ICより約7㎞ 駐車場は東福寺境内の禅堂南側ございます。(無料)

Googleマップ(正覚庵)