1. TOP>
  2. 樹木葬を知る>
  3. -閑閑- お寺で樹木葬

樹木葬をプロデュース

閑閑画像

新しく樹木葬をご検討の寺院のみなさまへ

閑閑画像

現在、全国にある寺院は70,000ヶ寺以上。その中でも地方の過疎化や、お寺を支えてきた檀家の高齢化などの社会構造の変化により、 お寺を取り巻く環境は、ますます厳しいものになっています。 従来のお墓の需要、仏事の低価格化など、寺院運営が難しくなってきた時代、現代のニーズにあった、永代供養である樹木葬の導入から運営までをプロデュースしサポートします。
※閑閑(かんかん)は寺院型樹木葬導入のブランド名です。

元気なお寺に生まれ変わる

昨今、お寺の大きな収入源であった「お墓」に異変が起きています。背景には少子高齢化による、お墓の継承不安や檀家離れもあり、「墓じまい」が始まっています。 現代人のニーズとして新しく出てきた納骨堂、散骨、樹木葬、手元供養などが人気で、このままではお寺を始め、墓石に関わってきた業界も大きな打撃を受けることが 危惧されています。無住寺や兼務寺が増え、お寺が無くなることは心の拠り所を失うことにつながり、地域にとって決して望ましいことではありません。 空き墓地を利用し樹木葬として活用することによりお寺としての運営、ニーズの確保へと繋がります。

閑閑画像

樹木葬の導入目的

閑閑画像

カン綜合計画のサポートの特徴

閑閑画像

事業化フロー

①まずは下記フォーム、若しくは電話、メールよりご連絡ください。

②現地を見ながら、詳しくお話をお聞きします。この段階で、事業化の可能性を判断します。 可能性のある場合次のステップへ

③ラフな事業計画の作成(1ヶ月)
マーケット調査、樹木葬墓苑の計画、工事費及びその他投資計画の立案、
販売価格の設定と販売計画、事業収支計画、全体スケジュールの立案、運営計画、墓地使用約款や契約内容の策定

④事業実施(2ヶ月~3ヶ月)
1.墓地造成・植栽工事
2.納骨関連道具の整備・調達
3.販売ツール製作(パンフ、チラシ、ホームページ等)
4.契約書、契約フロー、金銭授受システム、墓地運営管理システム(閑閑)の導入
5.葬送関係先との提携及び資料送付

⑤販売開始
【広告宣伝】 【集客】 【契約事務】 【供養祭等の運営】

お電話でのお問い合わせ
TEL:075-257-7977
カン綜合計画 樹木葬係
メールでのお問い合わせ
info@jumokusou.jp
カン綜合計画 樹木葬係

※競合を避けるため各地域で葬地は1寺院となりますので、導入をお考えの方は、お早めに

現地見学会フォーム画像

会社概要

京都の樹木葬 運営事務局 カン綜合計画
住所 〒604-0993
京都府京都市中京区久遠院前町669-1 サンアートビル4F
TEL/FAX 075-257-7977 / 075-257-7839
E-mail info@jumokusou.jp
創業 1995年7月7日
業務内容 経営主体はお寺となります。カン綜合計画はお寺からの委託を受け、「京都の有名寺の樹木葬」のプロデュースから、募集・運営までを行っています。 手元供養の博國屋のコンサルタント部門を担う㈲カン綜合計画とし2011年よりスタート、京都並びに海外を含む全国の樹木葬ファンからもご好評を頂いております。 また樹木葬の寺院様向けのプロデュースとして、樹木葬閑閑(かんかん)で事業提案をしております。
企業理念 カン綜合計画は大きな視野とロマンをもって変革期にある時代に対峙し、新たな価値を創造します。
実績

プロデュース&募集運営業務実績

  • 2011年1月:大本山東福寺塔頭荘厳院 樹木葬(京都)
  • 2011年3月:大本山東福寺塔頭即宗院 自然苑(京都)
  • 2013年1月:大本山建仁寺塔頭両足院 緑雲苑(京都)
  • 2015年2月:大本山大徳寺塔頭正受院 茈林壇(京都)
  • 2018年7月:大本山東福寺塔頭正覚庵 法洲苑(京都)

プロデュース&販売ツール製作実績

  • 2014年3月~8月:真言宗極楽寺自然葬 国見の里(北上市)
  • 2016年1月~4月:真言宗六波羅蜜寺 浄心苑(京都)
  • 2018年6月~:臨済宗妙心寺派 大源寺 曠然苑(岐阜)
現地見学会バナー画像
資料請求バナー画像

見学会申し込み

無料資料請求