遺骨を骨壷に入れる、また骨壷などに入れていた遺骨を、お墓や納骨堂などに納めることをいいます。 京都の樹木葬ではご契約頂いた区画にお骨を埋葬することをいいます。

納骨方法

京都の樹木葬では1区画【20cm×20cm(正覚庵・即宗院は25cm×25cm)】に2霊まで納められます。 縦に50cm掘り下げ遺骨をいれ、ケイ砂をかぶせたのち真土をかぶせます。
※納骨作業は100年以上続く京の石匠が行います。 正確に計測した区画にお骨を埋葬します。 骨壷に入れたお骨を丁寧にさらし木綿(自然に還ります)に移しかえます。
穴に木綿ごと埋め真土をかぶせ、苔、または小隈笹を戻し埋葬完了となります。(※写真はイメージです)

自然の景観を大切にするため、墓苑上には区画を分ける明確な境界線は表示しておりません。

墓苑全体を碁盤の目のように分け、縦列をアルファベット、横列を数字とし「A-8」や「E-5」のように縦と横が交差する場所が一区画となっています。(墓苑により"かな"表記の場合があります。)

墓苑の周りには写真のように石版が埋め込んでいるので、お参りに来る方にも区画がわかりやすくなっています。

区画の石
京都の樹木葬の納骨断面図
納骨式風景、正確に計った区画に穴を掘る
納骨式風景 さらし木綿に入れたお骨を穴に入れる
納骨式風景 穴の中に真土を入れる

納骨のよくある質問

Q:お骨はすべて入るのですか?

A:すべて納骨することができます。

地域によって、火葬後のお骨を全骨収骨する場合があり、その場合、納めるお骨の量が多くなり、樹木葬によっては一部を土の下に、残りは永代供養墓に入れるところがあると聞きます。しかし京都の樹木葬ではお骨の量に関わらず、すべて納骨できますのでご安心ください。

自然に還る方法なので、一度納骨すると取り出すことができません。

必要なもの

埋葬許可証
(※火葬許可証が火葬後、埋葬許可証になります)

改葬許可証
(改葬の場合のみ)

納骨料(未納の場合※前納することもできます)

お花(墓前用に1対)

お供え(菓子折り)

お布施
(納骨式をご希望の場合は別途必要となります)

お位牌、写真(必須ではない)

当日の服装の規定はありません、略式喪服の方が多いです。

費用

納骨料・・・作業費用(30,000円/霊)

お布施・・・納骨式、納骨法要をご希望の場合のみ

時期

「必ずいつまでにしなければならない」という決まりはありません。「墓地、埋葬等に関する法律(墓地埋葬法)」でも時期の規定はありません。 四十九日の法要当日に合わせてする場合が多いようですが、ご希望の日を伺いご住職、石材店と相談し納骨日を決定致します。 気持ちの整理がつくまでは、手元供養などで遺骨を置いておき、ご自身やご家族の納得するタイミングで埋葬できます。 一周忌、お彼岸や初盆といった節目で納骨される方もいらっしゃいます。

納骨当日

1.決定した納骨日時に寺院にお集まりください。
2.本堂で住職による回向(本堂回向希望の場合)
3.墓前へ移動し、納骨作業
4.墓前読経(墓前読経希望の場合)
5.納骨式終了

納骨式のイメージ画像

その後

埋葬後は、従来のお墓のようにいつでも墓参できます。 年2回(春秋)の合同供養祭も執り行われます。

ご希望の場合は、年忌法要(1周忌、3回忌、7回忌など)寺院と相談のうえ執り行えます。お寺に直接お問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

☎075-257-7977

受付平日9:00~18:00

※運営事務局カン綜合計画

メールでのお問い合わせ

info@jumokusou.jp

24時間受付