A:京都の樹木葬では納骨の際、骨壷からご遺骨を出し、さらし木綿に包みます。その木綿が土に直接あたるように、墓苑に掘った穴に埋葬されます。自然に還る埋葬方法となります。

樹木葬のタイプには様々なものがあります。システムそのものや、埋葬方法も様々で決まった定義というのがありません。埋葬方法も、骨壷のまま埋葬する方法もあります。その場合、土に還ることはありません。その他にも従来の石のお墓のように石で囲まれたカロートと呼ばれるご遺骨を納めるための場所に納骨することや、骨壷でも普通の陶器製ではなく自然素材を使っていて土に還る方法などもあります。
自然に還りたい、土に還りたいと思って樹木葬を選んだのに、納骨方法によってそれが叶わなければ本末転倒です。そういうことでのトラブルを避けるために事前にしっかりと問い合わせておくことがポイントとなります。京都の樹木葬での詳しい納骨方法は「納骨について」からご参照ください。
納骨したあとの骨壷については、各お寺や墓苑によって異なりますが、京都の樹木葬では納骨の際、専門の業者がお手伝い致します。骨壷から出したご遺骨はさらし木綿に包まれ納骨されます。骨壷は業者の方で引き取らせていただきます。