A:一人一本ではなく、シンボルツリーとしての樹木が各墓苑の側にございます。葬地により樹種も違い、桜だったり、紅葉、杉、大欅、銀杏と四季を感じる樹木になっています。

樹木葬といえば、埋葬された場所に、樹木を植えると思われる方が多くいらっしゃいます。これは日本で初めて行った樹木葬が、山の森林保全を目的として区画に納骨する際に自生する低木を植えるという方法で行ったことから定着したイメージではないでしょうか。植樹は里山の維持と再生であり、各々の墓標となります。
京都の樹木葬のようなシンボルツリーの場合はそれを墓標とします。1つ1つ区画分けされており、1つ1つがお墓となっています。しかし区画分けされていても同じ地続きですので全体で1つのお墓となります。
一人一人に樹木を植える方法の方が墓標としてはわかりやすいように思われますが、自然に近い形となりますので、植樹だけでなく、色々な植物が自生しています。そのため手入れが難しく、普通のお墓より綺麗な状態を保てずに荒れやすいといわれます。また山の保護ということで、都市部から離れてしまったり、山林の中にあったりと墓参するのが大変な場合があります。自然回帰の考えを持たれるなら一体感のあるこの里山型になりますが、墓参の手軽さなど長い目で見れば、京都の樹木葬のようなタイプをおすすめします。