寒いからこそ【樹木葬案内日記更新】

先週のセミナー効果で見学が増えるかと思いきや、今週は少なく来週以降の見学が増えつつあります。やはり寒いと動きが鈍くなるようです。そんな中、冬季五輪が開幕しました。冬の競技の為、夏と冬で練習方法も違ってくる競技もあったりとなかなか大変だと思います。昨年東京五輪があったからか、冬季五輪の盛り上がりがイマイチな感じがするのは私だけでしょうか?寒い冬だからこそ、熱い声援を送ってあげたいですね。今週は2組3名のご見学となりました。

大徳寺-総門
正受院-墓苑

京都はバスが便利


大徳寺京都府在住 夫婦用

夫婦で見学。リビングでセミナーの案内を見て、セミナーには参加できなかったけど見学がしたいとのことで申し込み。左京区に住んでいるが、大徳寺はバス1本で来れるので便利。建仁寺もバスで行きやすいけど、町中すぎるので大徳寺のみの見学。ご主人は代々のお墓があるが田舎で不便なので娘に負担をかけたくない。こういう有名なお寺だと安心。昨年に何か所か樹木葬を見られたようで、石のプレートがあるタイプだったとのこと。人工的なものはできるだけ使用せず、自然環境で自然に還るのが本来の姿と説明しご納得。お子さんに負担がかからないよう、前納制や年会費の自然退会なども喜ばれており、娘にも相談して連絡しますとのことでした。

正覚庵-墓苑
正受院-山門

奥様の家系のお墓として


東福寺・大徳寺京都府在住 夫婦用と両親用他

ご夫婦で見学。両足院でのセミナーに参加され、両足院の墓苑は見学済み。ご主人は東京出身。奥様は九州出身。九州に住む奥様の健在のご両親と亡祖母と自分達夫婦用と墓じまいを検討中。今回、父親がお墓のことを言い出したので良いタイミングと思い色んなお墓を見学している。今あるお墓には何霊入っているか具体的にはわからないので、自分たちと両親、祖母までは樹木葬で、墓じまいして出されたご遺骨は最初から永代供養墓へというパターンも考えられる。正覚庵の美しい境内や墓苑の雰囲気が素晴らしいので気に入ったご様子。ただ、家から一番近いのは正受院で、こちらの墓苑も雰囲気がいいので迷う。両親も眠る墓になるので、一度は連れてきたいとの希望あり。

京都の樹木葬の案内人より


 

全国的な感染者数の増加や寒さの影響で見学に来られる方が減ってきています。こんな時こそ「おんらいん見学」が便利!と思うのですが、最近は「おんらいん見学」の予約もさっぱり。実際現地に来れる状況であれば、やはり現地を見るの一番ですが、様々な障害がある現状ではオンラインは便利だと思うのですがどうでしょうか。「おんらいん見学」の感想はコチラ(おんらいん週間【樹木葬案内日記更新】)。 遠方の方でも自宅から簡単に墓苑のイマを見ることができ、移動の手間や時間を省くことができます。見学のお申込みから2~3日後にオンライン専用の資料がお手元に届きますので、ご予約の日時は余裕をもってお申し込みください。資料はメールでPDFで送ることも可能です。急ぎご見学を希望の場合は、メール手続きであれば最短でご案内可能です。皆様が、安心・安全に見学できるよう、努めて参ります。

カテゴリー一覧

タグ一覧