樹木葬って普通のお墓と違って、いくらぐらい掛かるものなのでしょう?なんとなく、石のお墓は100万円~200万円ぐらい掛かるものだと思ってたけど、樹木葬はそれより安いのか高いのか?噂では聞いたことあるけど...など大切な金額面のお話を「京都の樹木葬」と比べてご紹介致します。

永代使用料が掛かる


てっとり早く「京都の樹木葬」の費用を知りたい方は「京都の樹木葬に掛かる費用」ページを参照ください。

従来の石のお墓

お墓を買うとはいっても、土地を購入するわけではありません。永代使用料といって、お寺の墓地や、霊園の土地を借りるための費用が掛かります。"墓地"を"使用"するための"料金"です。その他にも管理料が掛かります。
よく永代"供養"料と混同されますが、こちらは、「永代に渡って供養する料金」のためまったく意味が違います。

京都の樹木葬では

埋葬する場所を碁盤の目のように区画ごとに分けています。この1区画に埋葬するために、墓地使用料が掛かります。石のお墓と同じに見えますが、さらにこの樹木葬では、永代供養料が含まれますので、お参りする人がいなくても、無縁にならない利点があります。

ではこの永代使用料がどのぐらいの金額が掛かるかというと、土地の相場と同じで地域により異なります。60万円ぐらいのところもあれば、200万円掛かるようなところもあります。郊外の田舎などでは、30万円ほどのところもあるようです。

京都の樹木葬では、大本山の東福寺、建仁寺、大徳寺の中にあるのですが、墓地使用料は50万円~と経済的な価格となっています。

墓石代がない


 

お墓と言われてぱっと思い浮かぶのが、石のお墓ではないでしょうか。お墓を購入する時、上記の永代使用料の他、墓石代というものが掛かります。墓石代は、墓石本体と工事費や加工費などが含まれるため、100万円以上掛かることも少なくありません。

お墓と樹木葬

京都の樹木葬では生きた樹木葬を墓標にするため、墓石というものが存在しません。なので墓石代というのもありません

※樹木葬を謳いながら、石のプレートなどを設置し、プレート代と表記している樹木葬も存在します。

管理料がない


従来のお墓であれば、霊園やお寺へ管理料というものを支払います。年間で払うことがおおく、5千円~1万5千円ぐらいとなっています。しかし京都の樹木葬では、お寺が管理運営するため、管理料を徴収することはありません。

経済的なお墓


ここまでの話で、従来のお墓と樹木葬に掛かる費用をまとめてみると

従来のお墓に掛かる費用

永代使用料+墓石代(+工事費)+管理料=150万円~300万円

京都の樹木葬に掛かる費用

永代使用料=50万円~90万円

その他にも、納骨料や、石碑彫刻、会費などありますが、大きく掛かる部分では、京都の樹木葬の方がかなり安く購入できることになります。

※従来のお墓に掛かる費用は地域により変動します。

お墓を購入することは、そう多くはありませんので、不安な点などは、ご遠慮無くご質問、ご相談くださいませ。担当者が丁寧にご説明させていただきます。

お電話でのお問い合わせ

☎075-257-7977

受付平日9:00~18:00

※運営事務局カン綜合計画

メールでのお問い合わせ

info@jumokusou.jp

24時間受付