昨今終活ツアーと題して、旅行会社が、納骨堂や散骨体験、樹木葬地の見学を催すほど、終活が身近になってきました。終活自体が暗い話ではなく、前向きな活動とし見られるのは良いことだと思います。

ただ旅行がメインになってしまっては、せっかくのチャンスを逃してしまいます。樹木葬を見学する時に見るべきポイントをご紹介します。

普通は1か所、京都の樹木葬は4ヵ所!


終活ツアーではおそらく色々な所に行くのですが、ジャンル別で言えば1種類1か所だと思います。また樹木葬を行っている霊園に見学に行っても1種類の樹木葬が見られるだけだと思います。

ですが、本サイトでご紹介している樹木葬は全部で4ヵ所案内しております。システム的には同じなのですが、別々のお寺で別々の雰囲気があるので、見比べるには最適です。

比較はした方がいい


お墓選びは物件探しに似たようなところがあります。特に交通アクセス、駅からの距離、駐車場の有無はもちろん、お墓の日当たりや環境なども大切です。

1つだけ見て納得するより、色々な所をみて決める方が後々不満がでないでしょう。京都の樹木葬のご契約者様の中には、民間の樹木葬と比較して決めたという方が多くいらっしゃいます。

見学の時期


例えば、桜がメインの樹木葬だったら春ですし、青々とした緑を見て欲しいなら、冬は避けて欲しいと思うものです。ですが、あえて今ぐらいの少し寒い時期を見ておくのもおすすめです。

お墓参りに行く時期は人それぞれですが、やはりお彼岸の時期は多くなります。逆にあまり人が来ない時期にいって、お墓の管理状態を確認するのも良いと思います。

実際に歩く


大事な費用面は気になるところですが、資料やHPに掲載しているところは多くあります。それより実体験で得られるものがたくさんあります。

駅からの距離感や、参道の段差や坂道など気にしながら歩いてみてください。例えば京都の樹木葬のひとつである建仁寺の両足院というところがあります。

最寄駅の「祇園四条駅」から徒歩7分と紹介していますが、これは最短距離でご紹介しています。

抜け道を使わず、四条通りを歩き花見小路通りを抜けて建仁寺に入るルートを使うと、京都ならでは景観を見ながら観光地を歩くことになり、また違った雰囲気になります。

これは自分だけでなく、残された人がお墓参りする時の感覚になります。「あぁ観光がてらお参りに来てもらえるのもいいかもしれない」と思うかもしれません。

見学申し込み


樹木葬の見学は随時行っております。詳しくは下記の「見学について」からお申込みください。またご不明な点がございましたらお気軽にお問合せください。

見学について調べる

京都樹木葬はお寺にあるお墓です。「当たり前でしょう、何言ってるの?」という方と、「えっそうなの?」という方もいらっしゃいます。

このような疑問は、初めて樹木葬を見に行った所によって決まると思います。民間霊園での樹木葬を見た方なら、お寺にもあるとは思わないかもしれません。

樹木葬はお墓とは別物でお寺にはないと思っている方もいるかもしれませんが、樹木葬はお墓です。墓地域と指定された所にしか樹木葬はありません。

すべて臨済宗のお寺です


京都の樹木葬(運営事務局カン綜合計画)でご紹介している樹木葬は全部で4ヶ所ございます。

東福寺の塔頭寺院の2ヶ所、建仁寺の塔頭寺院の1ヶ所、大徳寺の塔頭寺院の1ヶ所、となります。すべて臨済宗のお寺で禅宗でもあります。

世界中で広がっている禅の魅力とは...いずれこのHPでも紹介できればと思います。とにかくそんなお寺の中にある樹木葬地です。

お寺じゃない樹木葬との違いは?


周りにお寺がなくてもお墓ああったりします。民間霊園と呼ばれるもので、その名の通り、民間の企業が運営する霊園となっており、その中に樹木葬を設けているところもあります。

実際にはお寺ですが、民間に委託しているケースもありますので一概にはいえませんが、通称民間墓地です。

対して京都の樹木葬はお寺にあり、お寺が運営しているので寺院墓地となっています。

デザインや納骨方法などは、それぞれの考えで建てられますので、見た目の違いはありますが、どちらが良いというのはあまりありません。

ただ運営元が民間の企業かお寺かということになるので、そこを注視する必要がある場合がございます。永続性があるのか信頼できるのか、法要をしたい場合どちらが安心できるかなどです。

多くは民間の樹木葬と比較


以前京都の樹木葬のご契約者様全員にアンケートを行わさせていただきました。その中で樹木葬を選ぶ際に比較したのはどこか?と問いがありました。

6割ほどの方が、民間の樹木葬と比較されていました。次点でお寺のお墓でした。その結果、お寺の樹木葬に決められたようです。

やはりお寺の安心感は強いのだと思います。大本山塔頭寺院ですので、廃寺の心配もないですし、アクセスも良い観光地なので、お墓だけれでも寂しいイメージがまったくないのも特徴だと思います。

宗旨宗派は問わない


ただお寺のお墓となると檀家にならなければいけない、その宗派でないとダメと思う方もいらっしゃいますが、実はそんなことはなく、檀家にはならないお墓となっています。またそれまでの宗旨宗派も問いませんので制限のないお墓にもなっています。

また疑問に思う点などございました、いつでもお気軽にお問い合わせ頂ければと思います。

樹木葬といえばお寺にあると思っている方も、樹木葬ってお寺にあるの?!驚く方もいるかもしれません。そもそもお墓は、「寺院墓地」「公営墓地」「民間墓地」と大きく3つに分かれています。

寺院墓地はそのままでお寺の中にある墓地なのですが、公営や民間は、郊外にある「○○霊園」みたいな感じで、自治体や民間企業が間に入り管理しているお墓になります。

弊社が紹介しているのは寺院墓地の樹木葬となります。どんな特徴があるのか、簡単にご説明します。

管理主体はお寺


カン綜合計画は、樹木葬のご案内、お寺とのご契約手続き、ご納骨といったお寺とご契約者様を結ぶお手伝いをしますが、あくまで主体はお寺となっております。極端な言い方ですが、弊社が潰れたとしても、お墓はお寺が管理維持していきますのでまったく問題がありません。お寺は全て大本山の塔頭寺院なので廃寺になる心配はありません。

民間霊園の場合は、管理している企業が経営難や、継続が難しくなったりする場合もなくはありません。公営でも、潰れることはないにしろ、管理が行き通っているか疑問に思うところもあります。ではお寺のお墓なら確実に安心なのか?ですが、昨今のお墓問題では田舎のお寺や小さいお寺では後継者不足や檀家離れにより維持するのが難しいと聞くこともありますので一概に安心とは言えません。

 

京都の観光といえば


京都のお寺、神社の観光地といえば、清水寺、金閣寺、東寺、伏見稲荷大社、平等院、平安神宮とたくさんありますが、その中でも有名所として名前があがる東福寺建仁寺大徳寺の中に樹木葬があります。

秋の紅葉のシーズンには数万人訪れる東福寺にある「正覚庵」「荘厳院」「即宗院」の3つ。双龍図や風神雷神図で有名な建仁寺の中の「両足院」。千利休縁の地である大徳寺の「正受院」にあります。

お寺の教義に則り


お寺なので仏教です。樹木葬はこれまでの宗旨宗派を問わずに契約することができます。外国人の方ですでに納骨されている方もいて、特に制限はありません。

ただご納骨の際や、1周忌・3回忌.7回忌など法要事になると、お寺の教義に則って執り行われます。京都の樹木葬ではすべて臨済宗の教義となります。

京都の樹木葬は寺院墓地です。お寺にある墓地であり、管理運営もお寺となっています。私達カン綜合計画はお寺と樹木葬を求める方の橋渡しをしております。

寺院墓地以外に、公営墓地と民営墓地があります。それぞれがどう違ってどれがいいのかをご説明致します。

3つの運営主体の墓地


寺院墓地

宗教法人であるお寺が管理、運営しており、文字通りお寺の境内にある樹木葬です。樹木葬もお墓なので、従来の石のお墓と敷地が隣接している場合もあります。お寺の敷地内であればどこでもいいのかと言われればノーです。墓地域でなければいけません。

公営墓地

市区町村などの自治体がつくって管理、運営している墓地です。公的機関なので潰れることはなく、宗旨宗派に制限はありません。

民営墓地

公益法人や宗教法人が管理、運営している墓地で、この時の宗教法人は上記の寺院墓地と違い、民間企業が経営主体に代わり運営を行っているからとなります。

それぞれの良い所悪いところ


民間だったり公的機関だったりと、墓地以外でもあるシステムですので、メリットやデメリットも似たようなことになります。ただ絶対的に「○○が良い!」「○○は悪い」という話ではなく、"少なくない"という感じに思って貰えればと思います。

まず費用で言えば「公営墓地」が安いと言われています。営利目的もなく、潰れることもないため安心感はあります。その分競争率が高く、その市区町村に住んでいるなど条件がある場合もあります。

民営墓地と寺院墓地の費用の違いは場所によりけりですが、民営の場合は、管理しているところが倒産する、若しくは撤退するなどして墓地の運営ができなくなるというリスクがあります。

また経営に石材店が入っていると、樹木葬とはいえ、石のプレート式だったりと従来の石のお墓まではいかないまでも石代が掛かる場合があります。

ただお墓を買う時の条件が特にないことも多く、大規模霊園などであれば安心感はあるように思われます。

京都の樹木葬は寺院墓地ですが、大本山塔頭のお寺なので永続性は高く経営は安心です。さらに檀家になる必要もありません。

アクセスもよく町中にあるにも関わらず従来のお墓に比べても費用が格安なのも特徴です。

それぞれの良い所を


こっちを立てればあっちは立たずと、良い所だけ追うと中々見つからないと思います。3つの運営主体をご紹介しましたが、管理・運営という点だけで見れば、寺院墓地が一番良いと思います。

お墓はいらないと言われてきている現代で、単純に経営だけで考えると民間より、永続性があるのは寺院墓地か、公営墓地です。

正直のここのお墓は、「民営?」「公営?」「寺院?」なんて見方はしないと思います。値段が安くても寺院のお墓の場合もありますし、自分、若しくは大切な方が眠る場所なんで、納得のいくところと縁ができるのを願います。