彼岸花

荘厳院の境内に彼岸花が咲いておりました。 彼岸花、別名、曼珠沙華(まんじゅしゃげ)...彼岸ということから、明るいイメージがないかもしれませんが、 この曼珠沙華は、サンスクリット語で天界に咲く花という意味があり、おめでたい事が起こる兆しに赤い花が天から降ってくる、という仏教の経典からきているようです。 葉がなく茎の上から急に花が咲き、真っ赤な花は緑とのコントラストを際立たせる不思議な魅力がある花ですね。