今週は、暑くなったり涼しかったり、雨の日だったりと様々なお天気。日中30℃超えの日もあり、いよいよ夏が近づいてきた様子。昨年同様、マスクをしながらの案内で日中気温が上がると結構息苦しく体力が奪われます。早くマスクなし生活に戻りたいと思う今週は、4組5名の見学となりました。

大徳寺の金毛閣
正受院2020年秋の供養祭のお花

墓じまいしてご縁のある場所へ


大徳寺神奈川県在住 両親用

ご両親用として息子さんがZoomを利用した「おんらいん見学」。ご両親は元々京都出身。お父様のお墓は京都。お母様は息子さんの近くに住んでいる。お父様のお墓が不便なところにあり、毎年お参りに行くのも大変になってきたので墓じまいを考えている。お母様は大徳寺近くで生まれ育ったので、今回大徳寺の樹木葬を見学。墓じまいするにあたってどちらにせよ京都に行かないといけないが、都合よく日程が取れるかわからないので、とりあえずオンラインで見せてもらおうと思ったとのこと。ホームページの動画も見たが、やはり時期によって雰囲気が違うので今回リアルな現状が確認できてよかったとのこと。契約の内容等は納得しているので基本的には契約の意向だが、あとはタイミングをどうするか。また検討して連絡しますとのこと。

建仁寺塔頭両足院の山道
建仁寺塔頭両足院の半夏生の庭

1周忌を前にお墓探し


建仁寺京都府在住 夫婦用

昨年ご主人を亡くされて、自分たち夫婦用として検討。両足院には何度か来たことがあり、樹木葬があることも知っていたがまだ先のことだと思っていた。昨年主人が急に亡くなって、お墓が現実的なものとなり考えなきゃと思いながら半年以上すぎてしまった。1周忌を前にそろそろ決めなければと思い見学に。両足院は場所も来やすく、好きなお寺なので決めたいと思っているが、娘が2人いて本当は一緒に来たかったがタイミングが合わなかったので、後日娘も一緒に半夏生の良い時期にもう一度見学に来たいとのことでした。

京都の樹木葬の案内人より


 

最近の傾向として多いのは、すでにご遺骨があって納骨前提のご見学が増えています。以前はご夫婦生前でという見学が圧倒的に多かったのですが、緊急事態宣言中というこのような状況下なので、急ぎご納骨をお考えの方が多くなるのは必然かもしれません。また、資料請求や見学のお電話をいただいた際によく聞くようになったのが、ホームページの動画を見てなんとなく雰囲気はわかったという声が多くなってきました。「おんらいん見学」も好評ですが、ホームページ内の動画もバージョンアップして皆さんにより雰囲気が伝わるようにしていきたいと思います。

今週は、G.Wを挟んでいましたが、緊急事態宣言で外出を控える方も多く、ご見学は3組5名となりました。急ぎご納骨をお考えの方が多かった印象です。

紅葉の良い思い出の東福寺


東福寺滋賀県在住 両親用

お母様を昨年、今年3月にお父様を亡くされたとのことで、娘様お二人の姉妹でご見学に来られました。両親とも京都出身で、お姉さんは京都在住。妹さんも京都で勤めていることもあり、京都駅から立ち寄りやすい場所で検討していらっしゃいました。東福寺は家族で何度か紅葉を見に行った良い思い出もあるので、見学をお申し込みされました。この4月から探し始めたところで、納骨堂や永代供養墓なども検討したが、やっぱり自然に還れる樹木葬が両親には合ってるかなと思い、樹木葬を中心に検討されているとのことでした。お花がいっぱいある雰囲気もいいが、どうしても花壇みたいな感じがしっくりこないとのことで、東福寺の樹木葬は自然の雰囲気があってお庭も綺麗ですごく気にいったと喜んでおられました。できたら6月初めには納骨をお願いしたいので早めに決めて連絡しますとのことでした。

建仁寺塔頭両足院の山道
建仁寺塔頭両足院の半夏生の庭

知らなかったご縁が繋がる


建仁寺京都府在住 母親用

2年前に亡くなったお母様のお墓としてご検討中の娘様夫婦でご見学に来られました。「母は建仁寺が好きでよく散歩しに来ていました。樹木葬を希望していたわけではないが、お墓がないので建てると管理が大変だし、永代供養でと考えていたら両足院に樹木葬があると知り見学を申し込みました。」とのこと。娘様ご夫婦は近くを通ったことがある程度で、建仁寺の境内に入るのは初めて。もちろん、両足院も初めてでしたが、お庭の雰囲気もよく、「半夏生って母から聞いたことがある」と、お母様は半夏生の特別拝観も来られていたのかもしれません。母は亡くなる前によくイチョウの木を描いていたとのことで、何かとご縁があるのかもと。区画が残りわずかということもあり、早めに決めて連絡しますとのことでした。

京都の樹木葬の案内人より


 

緊急事態宣言下での2度目のG.W。町中は昨年に比べると、人出は多いように思えます。ただいつもの祇園の賑わいには程遠く、大半は自粛されてるように見受けられます。今週はご納骨ありきの見学が目立ちましたが、来週はオンラインでの見学予約も入っております。こんな時期だから外出は控えようという方も、「おんらいん見学」なら簡単に自宅からお寺や墓苑の様子がうかがえます。簡単無料で樹木葬の見学できるので、悩んでる方にはまず「おんらいん見学」をお勧めします。

桜はほとんど散ってしまった京都の街並みですが、陽の光を浴びて新緑がキラキラと緑が輝いています。お寺の境内では青もみじが美しくなってくる季節ですね。今週は4組7名のご見学となりました。

オンラインってなに?


大徳寺福岡県在住 夫婦用

ご主人を亡くされて奥様より問い合わせの電話があり、見学なしで契約したいとのことでした。いまはオンラインでも見れますよとお話したところ「オンラインってなに?」とのご返答。現地に行かなくてもスマートホンやパソコンの画面で現地の様子が見れるとの説明をさせていただき、難しくないならぜひとのことでしたので、今回は奥様がラインアプリを利用しているとのことでしたのでラインでの「おんらいん見学」となりました。3年ほど前に大徳寺に樹木葬があると知っていて、ここがいいねと夫婦で話はしていたけど行く機会がないままだったようです。パンフレットの写真や、ホームページでは見ていたが、ラインのビデオ通話で現地の様子が簡単に見れて大変喜んでいただけました。やっぱり、写真で見るのとは違って雰囲気がよく伝わり良かったとのことです。元々ご夫婦とも関西出身で、娘さんも現在神戸に住んでいるとのこと。娘さんからは賛成されているけど、もう一度話をして進めていきたいとのことでした。

両足院でのおんらいん見学の様子
建仁寺-牡丹

生まれも育ちも祇園


建仁寺神奈川県在住 母と娘さん用

母と娘でZoomを利用した「おんらいん見学」。母は生まれも育ちも祇園。娘さんも中学生までは京都に住んでいて建仁寺は二人にとって縁の深い場所のようです。父はすでに代々墓に入っているとのことで、母と自分用で検討。数年前に生協のチラシで京都の樹木葬を知り、建仁寺にあることを知っていた。こんな時期なのでいつコロナになってもおかしくないし、持病もあるので元気なうちにお墓をと思いはじめたとのこと。最近になってオンラインで見学できることを知って「おんらいん見学」の申し込み。両足院は何度か行ったことはあるが、お墓は見たことがなかった。お庭の雰囲気も案内しつつ懐かしんでいただき、墓苑の案内。本当は現地に行きたかったが、思ってた以上にZoomでしっかり見ることができ良かったとのことでした。

京都の樹木葬の案内人より


 

前回の案内日記でもご案内しましたが、京都の樹木葬では、東福寺・建仁寺・大徳寺と、通常観光で行くことが多い有名な寺院の樹木葬をご紹介しております。お寺の境内には素敵なお庭や、木々がたくさんあり、墓苑も緑に囲まれた場所になります。これからの季節は緑が生き生きとして、見学には最適な時期となります。見学は個別のご案内で、広い境内で密になることもございません。皆様が安心・安全で見学ができ、良いお墓選びができるよう、スタッフ一同全力でサポート致します。

今年の桜は開花が早く、京都ではもう満開のところがいっぱいです。週末は荒れる天気が予想されてるので早くも散ってしまいそうですね。桜が舞う中の見学もいいものです。今週は4組9名のご見学となりました。

桜を見ながらデート気分の樹木葬案内


建仁寺滋賀県在住 夫婦用

ご夫婦で見学。数年前に「京都リビング」の樹木葬の記事を読んだことがあるそうで、そこで両足院の樹木葬を知ったとのこと。そろそろ真剣に考えようと、暖かくなってきたので見学に。建仁寺に来られるのは初めてとのことで、桜も綺麗な季節で墓苑の見学に来たのに観光に来てるみたいと、デート気分の仲良しなご夫婦でした。お天気も穏やかな晴れで、お庭の草木も生き生きしており、墓苑への道中も楽しまれておりました。樹木葬のことはしっかり予習されてきたようで、システム面や年会費など費用面でもしっかりご質問頂き、疑問点も解決できたようで納得されて区画を仮予約していかれました。

東福寺三門
東福寺偃月橋

観光さながらの樹木葬案内


東福寺埼玉県在住両親用

両親と娘様二人のご家族でおんらいん見学。ご両親が東福寺に樹木葬があると知って見に行きたいと思っていたが、このような状況でいつ行けるかわからないので、娘と相談し今回のおんらいん見学でまずは確認したいとのことでした。奥様の実家が奈良ということもあり、実家に帰るときはいつも京都に寄っていたので馴染みがあるとのこと。特に東福寺は紅葉もいいが、これからの新緑の季節も好きなので気になっているご様子。ご両親も、娘さんもZoomの利用は初めてだったようですが、とくに違和感なくスムーズにご利用いただけました。東福寺三門や法堂、偃月橋などご案内しながらの説明で、まるで観光に来てるみたいと喜んでいただけたようです。どちらのお寺も気に入っていただけたようで、時期を見て実際に足を運ぶか、これで決めるかを様子を見ながら検討しますとのことでした。

京都の樹木葬の案内人より


 

京都の樹木葬でご案内しているお寺は、東福寺建仁寺大徳寺と、通常観光で行くことが多い有名な寺院です。ご見学はもちろん樹木葬墓苑の案内となりますが、道中のお寺のお話など、観光案内のような気分で見て回れるのも魅力の1つです。桜は間もなく散っていきますが、これからは緑が生き生きとしてくるので、樹木葬見学には一番おススメの季節がやってきます。

お彼岸が明けて全国的にも暖かい日が多かった今週。お彼岸の間にお参りに来る方も多かったので、それぞれの墓苑にはたくさんのお花が供えてありました。お供え用の仏花ではなく、それぞれ個性があって色とりどりなお花があるので墓苑が映えています。今週は5組9名のご見学となりました。

茶道と関わりが深い「茶人面(ちゃじんづら)」大徳寺


大徳寺福井県県在住夫婦用

ご友人と二人でご見学にいらっしゃいました。ご主人は亡くなって3年になり、いまだ納骨していないとのこと。亡くなる際に海へ撒いてくれたらいいと言われていたが、手を合わせる場所がないのは嫌だと子供も反対したので納骨先を探していたら延び延びになってしまった。昨年の朝日新聞の記事を読んですぐホームページで確認し、これがいいと思ったがなかなか来る機会を作れず今回ようやく見学に。元々お茶関係の仕事をしていたので、大徳寺は馴染みがあり見学は大徳寺のみで。樹木葬の見学は初めてだったので、インターネットで色々調べてみたが、お墓っぽいのが多くて心配していた。でも、大徳寺の樹木葬は京都のお庭みたいな作りで雰囲気も良く大変気に入っていただけた様子。ご友人も自分用として検討したいとのことで、一緒に資料をお持ち帰りになられました。

両足院の墓苑の供花
正覚庵の本堂工事の様子

紅葉の良い思い出が蘇る東福寺


東福寺滋賀県在住夫婦用

夫婦でご見学にお越し頂きました。以前から樹木葬に興味があり滋賀県内のいくつをすでにご見学していらっしゃいました。昨年の朝日新聞の記事を読んでまずは資料請求を頂いておりました。暖かくなったら見学に行こうと考えていたとのこと。東福寺の紅葉は以前はよく見に行ったが、ここ数年は観光客があまりにも多いというのを聞いて避けていたようです。20年ほど前はまだそれほど人もいなくて本当に綺麗だったとのこと。そんな思い出もあり、東福寺の見学。正覚庵へは行ったことがなかったので、今回が初めて。こちらもお庭が素晴らしく、本堂も現在工事中だが相当立派なものだと想像がつくとのこと。どちらも甲乙つけがたいが、夫婦で相談してまたご連絡しますとのことでした。

京都の樹木葬の案内人より


 

昨年秋の朝日新聞の記事をご覧いただいた方の見学が増えています。11月の終わりごろだったので、少し寒くなり始めていたのと、年明けからの緊急事態宣言もあり、控えられてた方が多かったようですね。桜が花開く良い時期になってきたので、見学の申し込みをされるようです。京都ではもう桜が満開のところばかりです。先週末から今週にかけて暖かい日が続いたので本来ならお花見日和です。なかなかこのような状況なので、大勢で集まってのお花見宴会などはできないので、日中の暖かい陽気の中で桜を見ながら散歩されたりしてるのではないでしょうか。案内をしてても、お寺の境内でも、移動中の車窓からも桜が見れます。桜を見ながらの見学はなかなか気持ちがいいものですよ。

春が近づいてきました。京都では桜の開花宣言もあり、まだまだこれからではありますが、新芽が吹いて春らしい色が見え始めます。暖かい日が多くなってきたので、見学に来られる方も増えてきましたね。今週は8組18名のご見学となりました。

筆のご縁もあって


東福寺埼玉県在住兵庫県在住両親用

母娘の親子でご見学頂きました。兵庫県に住む娘様が現地に来られ、同時刻に埼玉県に住むお母様がLINEで「おんらいん見学」で参加頂きました。2019年にお父様がお亡くなりになっているが、昨年はコロナの影響で動くことができず、納骨はまだされておられませんでした。ご両親は京都が好きでよく旅行に来ており、京都に引越そうと計画を立てていたが叶わなかったので、終の棲家としてお墓は京都で一緒に眠りたいと考えておられるようです。娘様も仕事で京都に頻繁に来ている関係もあり、コロナが落ち着いたらお母様も京都に引越す予定のようです。お父様は物書きだったこともあり、筆の寺で有名な正覚庵をご見学。お母様は白洲正子のファンで著書を読み漁ってるとのことで、旧白洲屋敷(ただいま補修工事中)があることもあって大変喜ばれていました。現地の様子は娘さんがきっちり確認し、オンラインでお母様にもしっかりお届けできたので、ご満足いただけたようでした。5月に納骨を希望されているので、近々区画を決めて連絡しますとのことでした。

京都の樹木葬の案内人より


 

今週も「墓じまい」のお話が何件かありました。先週にも触れた通りやはりスタンダードになってきていますね。また、1週間ぶりの「おんらいん見学」がありました。関東ではまだ緊急事態宣言は解除されていませんし、解除後もすぐには動きづらいこともあるようです。「おんらいん見学」はそんな方々のお役に立てるツールです。簡単に利用できるのでぜひご活用ください。

東日本大震災から10年の月日が経ちました。犠牲となった方々とそのご遺族に哀悼の意を表するとともに、 被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。10年経った今でも、被災地では復興作業が続き、避難生活を送られている方がたくさんいることなど、まだまだ向き合っていかなければならない問題がたくさんあります。記憶を風化させないこと、そして今後の災害に備えることも大事ですね。そんな改めて気を引き締める一週間でした。今週は5組10名のご見学となりました。

京都府内でのお墓のお引越し


大徳寺京都府在住両親用

姉妹で亡きご両親用としてご検討ということでご見学にいらっしゃいました。お父様は同じ京都ではあるが山手にお墓がある。お母様が最近亡くなられたようで、今あるお墓を改葬して近くに移したいとのこと。姉妹はそれぞれ嫁ぎ先があり、子供もいるが負担はかけたくないので、自分達の代でお墓は終わりにして永代供養にしたい。近くで、永代供養で、樹木葬がいいなと思って探したら大徳寺にたどり着いたとのこと。今のお墓があるお寺にも永代供養墓はあるが、永代供養するからといってお参りには行きたいので、やはり不便な場所だとなかなか足が向かないので、墓じまいを考えた。墓じまいも初めてのことなので、色々分からないことも多いとのことで、手続き等アドバイスさせていただきました。手続きはこれからだが、6月までには進めていきたいとのことでした。。

2021年1月29日の建仁寺の風景
大徳寺の金毛閣

皆がお参りしやすい場所へ


建仁寺大徳寺寺滋賀県在住両親用夫婦用

ご夫婦でご見学にお越し頂きました。ご主人の両親用と自分達夫婦用として検討。ご主人の両親は石川県にお墓があるが、なかなか行くことができなくなってきたので、墓じまいを考えていたことと、昨秋の朝日新聞を見て自分達もそろそろ考えようと思ったのがきっかけ。ご主人は4人兄弟の長男。すでに弟、妹には話をしており了解済み。また、奥さんは京都出身で、両親も京都の上京区にいるとのことで、京都で永代供養の樹木葬を探している。遠くにお墓があると何か負担になるので、自分たちは子供にできるだけ負担をかけない方法を選択。建仁寺は場所的に子供も行きやすいし、ご主人の兄弟も集まりやすいので好印象。大徳寺は、奥さんのご両親の家から近いことと、墓苑の佇まいを大変気に入っておられました。奥様のご両親もお墓はこれからとのことで、併せて検討されていました。

京都の樹木葬の案内人より


 

今週のキーワードは「墓じまい」。最近増えつつありますが、今週は5組中3組が「墓じまい」を考えておられました。昔と違って居住地域が出身地ではなくなっているので、お墓の住所も移さないとなかなかお参りも大変だったり、負担も大きくなってきてるので、これからはお墓の引っ越しがスタンダードになりつつありますね。この数年で「墓じまい」に関しての相談もすごく増えております。その多くは手続き方法や、今のお寺との関係などについて。こちらで出来る限りのサポート・アドバイスはさせていただきます。また、お墓の引っ越しの際の業者選びも、信頼できる先をご紹介させていただきます(地域によりますが)。

春の嵐で全国的に風雨が強まった今週、荒天の後の晴天、晴天からの荒天と不思議な天気の日が多い印象でした。ご見学も雨天のため翌日に変更されるなど、バタバタと慌ただしかった今週ですが、6組12名の方をご案内致しました。しかし樹木葬にとって雨というのは、嫌なことではありません。降った後の苔や樹々の生き生きとした様子は見ていて気持ちがいいです。ただ雨風が強いと墓苑やお寺の景観もじっくり見る余裕がないので見学には適さないので、翌日あたりがおすすめですね。

建仁寺派の末寺から本山塔頭へのお引越し


建仁寺京都府在住両親用

60代女性お一人で見学。亡きご両親用として検討されていらっしゃいました。両親のお墓は九州にあり、遠方で墓守が大変になってきたので、自分の代で檀家もやめて改葬したいと思っているということでした。夏前には改葬して移したいのでそこに向けて準備中。先方のお寺には具体的には話していないが、この数年それとなくニュアンスは伝えてきたのと、そのお寺も建仁寺派のお寺なので理解いただいてるとは思うとのこと。建仁寺まで徒歩圏内に住んでおり、両足院の特別公開も何度か来たことがあり、その時に樹木葬があることを知ったとのこと。お寺の雰囲気を大変気に入っておられ、雨が降った後の墓苑も神聖な感じがしてとても良かったと喜ばれ、区画を仮押さえし2、3日中に契約書を送りますとのことでした。

正覚庵の威徳堂の風景

旧白洲邸のご縁もあって


東福寺東京都在住夫婦用

ご夫婦で「おんらいん見学」からお申込み頂きました。自分達用を検討するということでZoomを使ったビデオ通話でのご案内です。ご主人は元々兵庫県伊丹市出身で、白洲屋敷跡の近くに住んでいたとのこと。何年か前に京都に行った際に樹木葬があることを知ったとのこと。資料請求したら正覚庵に白洲屋敷が移築されていることを知り、これも何かの縁ということで興味を持ったご様子でした。息子様、ご夫婦が大阪に住んでおり、元々関西出身なのでお墓も関西にあれば都合がいいかと思いまずは見学してみようと。こういう時期なので、他府県間の移動は難しいが、オンラインなら現地に行かなくてもいいので、便利だと思いお申込み頂きました。京都の樹木葬ではZoomかLINEのどちらかを選ぶことができたので、日常でもZoomの使用経験がある、「ZOOMでおんらいん見学」でお申込み。東京でも樹木葬を見学したことがあるが、結局石を置いたり骨壷のまま納めたりするので値段は上がるし土に戻らないと感じていたので、正覚庵のシステムや雰囲気は大変気に入ったご様子。また、思ってた以上に現地の様子がよくわかり、現地に行っているような感覚になって良かったとご好評をいただきました。

京都の樹木葬の案内人より


 

今週もオンラインでの見学が2件。今回の2件とも天気の良い日で、画面越しでも良い雰囲気を伝えられたのかなと思いますが、悪天候での実績がないので荒天の際の電波状況は少し不安が残ります。「おんらいん見学」は台風や大雨の日以外はご案内させていただきますが、できるだけ晴天の日が望ましいですね。今は梅が綺麗に咲いていますが、春に向かって草花や樹々が生き生きしてくる季節です。そんな様子もお届けできればと思います。

おんらいん見学はこちら

個別見学はこちら

まだまだ寒さが残り、早く暖かくなってほしいと願う日々ですが、一方で花粉の飛散量が増えつつあり目のかゆみ鼻水に悩まされる日々も近づいてきたと覚悟を決める2月の末。各寺院では梅の花が綺麗に咲いていた今週は、6組11名のご見学となりました。

どれも魅力的で悩んでしまう樹木葬


東福寺建仁寺京都府在住夫婦用

80代のお母様と娘様のお二人でご見学。建仁寺の両足院からスタートし東福寺の正覚庵へ。ご主人を昨年亡くされたとのことで、ご夫婦用としてご検討していらっしゃいました。京都の樹木葬の事は昨年11月の朝日新聞の記事を読んで気になっていたとのこと。お住まいも京阪沿線沿いなので建仁寺、東福寺ともにアクセスが良く便利と仰られていました。両足院は町中なのでお参りの後に用事がしやすいことや、枯山水のお庭の前を通っていく雰囲気が大変気に入られ、正覚庵は墓苑の雰囲気と旧白洲屋敷があることで、白洲次郎のファンのお母様が大変気にいったご様子。どちらも甲乙つけがたく大変悩んでおられました。

大徳寺の金毛閣
大徳寺の正受院の樹木葬の石積み

2人を結んだ大徳寺のご縁にあやかって


大徳寺神奈川県在住ご夫婦用

神奈川県に住んでいるカナダ人のご主人と日本人の奥様の二人で、LINEのビデオ通話を使った「おんらいん見学」でご見学頂きました。奥様は元々京都出身で二人は京都で出会われたとのこと。二人とも大徳寺にお茶を習いに行っていたとのことで、思い入れがあり大徳寺で眠れればと思い見学申込みされました。お子様がいらっしゃらないとのことで、自分たちだけで完結できる永代供養で探されていたご様子。墓苑の雰囲気や樹木葬のシステムは大変気に入っていただけたようで、あとは証人(お二人利用の場合、お二人目が亡くなられた際の連絡者)をどうするかで悩まれていました。奥様のお姉さんはすでに亡くなっているので、姪にお願いするか、死後事務委任契約などを結べる司法書士などにお願いするか考えますとのことでした。

京都の樹木葬の案内人より


 

今週は家族連れの見学が多くありました。6名、4名、3名、3名、、、と。皆さんそれぞれの事情があるのですが、親族が集まることでそれぞれがご納得されて選ぶことができるのではないでしょうか。そんな多くの方が集まった今週の見学の中でも、特に気になったのが今あるお墓に入りたくないという方が3組いらっしゃいました。不便な場所にあるから、自分で購入していたがやはり子供の負担になるから、夫のご先祖さまと一緒にはなりたくないなど理由は様々。少し前までは代々墓が当たり前だったのかもしれませんが、時代背景とともにお墓のカタチも変わり、お墓に対する考え方も大きく変わってきております。
また、今週は「おんらいんセミナー」→「おんらいん見学」という流れでご案内しました。お寺でセミナーをしてそのまま現地見学が自宅にいながらできる「おんらいん樹木葬」は他ではあまりないコンテンツではないでしょうか?
今後も、参加人数にもよりますが、セミナーからの見学という流れで実施したいと思います。60代、70代の方でもあまり抵抗なくご利用いただけているようなので、ぜひ試してみてください。

おんらいん見学はこちら

個別見学はこちら

春の陽気のように暖かくなったり、息が白くなるほど寒くなったり、寒暖差が激しい日が続いている今週、コロナワクチンの医療従事者への接種が始まりました。大阪では緊急事態宣言解除を要請するかどうかの会議が開かれ、2月末をもって解除するように要請する方向で決まったようです。少しずつ元の生活に戻れる希望が見えてきましたね。今週は7組20名のご見学となりました。引き続き感染対策には気をつけてご案内させていただいております。

おんらいんセミナー&おんらいん見学


東福寺埼玉県在住両親用

京都の樹木葬が行っているおんらいんセミナーでは、ご参加いただく方に事前にアンケートを行っており、それによりセミナー内容を変更しています。お墓の悩みは人それぞれで、それぞれに少しでも合う解決方法をご紹介できればと思っております。今回ご参加された中でご両親が樹木葬を希望されていたことや、樹木葬のイメージがまだ具体的ではないとの事前アンケートをいただいておりました。本来、事務所からオンラインにてお届けするのですが、急遽場所をお寺にして、オンラインをつなげたまま現地樹木葬のおんらいん見学というスタイルに変更し開催させていただきました。
約40分ほど「新しいお墓や供養のカタチ」のテーマで、中でも樹木葬にフォーカスした内容でセミナーを行い、その後、正覚庵樹木葬の「おんらいん見学」という流れでご案内させていただきました。現地を見れるとは思ってなかったということで、大変喜んでいただけました。亡くなられたご両親のお墓探しということで、たまたまお父様が京都が好きで東福寺の紅葉を見に来ていたようで、また、お母様が関西の出身ということもあり、ご縁を感じていただけたようでした。暖かくなったら実際に現地にも見に来たいとのことでした。

正覚庵の樹木葬の墓苑風景

母校が近く馴染みの場所


東福寺京都府在住愛知県在住母用

京都に住むお母様と娘様、愛知に住む息子様と3名で見学。お母様用として樹木葬をご検討されていました。お父様は別の宗派ですでにお墓があるが、そこには入りたくない(お父様は入るつもり)とのことで、まだ樹木葬のことは話していない様子。もし自分が先になった場合を考えて、息子・娘にも見といてもらいたいと一緒に見学に来られました。また、子供への負担をできるだけ減らしたいと永代供養の樹木葬を希望しているとのこと。お母様は日吉ヶ丘高校に通っていたということもあり、東福寺には馴染みがある様子。すぐにとは考えていないが、今年中には決めたいとのことでした。

正覚庵

京都の樹木葬の案内人より


 

今週は家族連れの見学が多くありました。6名、4名、3名、3名、、、と。皆さんそれぞれの事情があるのですが、親族が集まることでそれぞれがご納得されて選ぶことができるのではないでしょうか。そんな多くの方が集まった今週の見学の中でも、特に気になったのが今あるお墓に入りたくないという方が3組いらっしゃいました。不便な場所にあるから、自分で購入していたがやはり子供の負担になるから、夫のご先祖さまと一緒にはなりたくないなど理由は様々。少し前までは代々墓が当たり前だったのかもしれませんが、時代背景とともにお墓のカタチも変わり、お墓に対する考え方も大きく変わってきております。
また、今週は「おんらいんセミナー」→「おんらいん見学」という流れでご案内しました。お寺でセミナーをしてそのまま現地見学が自宅にいながらできる「おんらいん樹木葬」は他ではあまりないコンテンツではないでしょうか?
今後も、参加人数にもよりますが、セミナーからの見学という流れで実施したいと思います。60代、70代の方でもあまり抵抗なくご利用いただけているようなので、ぜひ試してみてください。

おんらいん見学はこちら

個別見学はこちら