A:永樹木葬の個別納骨とは、どのような納骨方法なのでしょうか?

個別に区画分けされ場所に穴を掘り、正絹製の納骨袋に入れられたご遺骨を埋葬致します。長い時を経て土に還る埋葬方法となります。2人用の区画の場合でも、納骨袋同士が直接触れることのないように間に真砂土を敷き詰めますので個別での埋葬となります。
樹木葬の埋葬方法に明確な定義はなく、自然葬のイメージから、樹木葬地となっている墓苑直接にお骨を撒くようにして埋葬するイメージを持たれる方もいらっしゃいます。その場合他人のお骨が一緒になるのではと不安になります。しかし京都の樹木葬の埋葬方法は、区画分けされた区画に埋葬することになりますので、他の方とご遺骨が混じることはありません。
樹木葬の種類によっては、同じ空間に納骨袋ごと埋葬するタイプや、骨壷から出したご遺骨を他人のご遺骨と同じ空間に埋葬する方法もあるようです。樹木葬を契約する前に、必ず問い合わせておく項目のひとつです。
従来のお墓と同じく骨壷のまま埋葬する方法もあり、これは土に還ることはありませんので、自然葬をご希望とされる場合は注意が必要です。