Scroll


お知らせ

受付中のセミナー情報

私たちがご案内する樹木葬の特徴

棺となる大地

水場が風化させません

土壌は生きています。だからこそ水が必要です。水が枯れれば、遺骨が大地に還る機能そのものが失われます。寺院には必ず水場があります。そこを水源としています。

あたたかみがあります

来訪いただければ、その場所にあたたかさのようなものを感じていただけることでしょう。また、土を酸性に保つ設計を実現させることで、遺骨の土壌分解を早めています。

生き物がやってきます

大地の棺には無数の生物がやってきます。微生物も、昆虫も、植物も、鳥などの動物も。すべてが大きな円環となり、生態系となっています。私たちの棺は生きているのです。

器となる京都

東福寺-紅葉

継続に安心感があります

お寺の「経営」不振や後継者不足などから、廃寺となるケースが増えています。廃寺となるとお墓の維持管理ができません。大本山であればそういった心配が少なく、安心して納骨いただけます。

宗旨・宗派をといません

樹木葬地を使用される方の宗旨・宗派問わずご利用いただけます。キリスト教や神道など他宗教であっても問題ございません。また、檀家にならなければならないということもありません。

33年間の永代供養です

継承者がいなくても、お寺が代って永代にわたり供養してくれる33年間の永代供養となります。弔い上げ後は合祀となり塔頭寺院にて定期法要されます。

円となる葬送

区画は碁盤の目です

遺骨を納める区画は碁盤の目となっており、故人の場所を特定することもできますが、樹木葬のエリア全体に流れる穏やかな環境そのものの前に立つと、新しい葬送を感じていただけます。

正受院-墓苑

いつでもお越しいただけます

通常、塔頭寺院は敷居が高く、なかなか足を踏み入れることはできませんが、樹木葬をお選びになった故人のご家族、ご友人は、いつでもお参りにお越しいただけます。

両足院-前庭

京都を感じてください

樹木葬の場所だけではなく、塔頭寺院への道のり、そして文化財としての歴史、存在感を含めた、京都そのものに触れることで、故人への想いをより豊かなものとして感じていただけます。

樹木葬の仕組み

✓格式よりも、持続可能性を重視しています
✓墓地使用料に永代供養料も含まれています
✓自然に還る葬法のため、墓石がありません
✓お墓の維持や管理料は掛かりません
✓寺院の檀家になるわけではありません

詳しく見る>>


― お問い合わせ ―

私たちはご相談をきっかけに強引な勧誘やしつこい営業電話などは一切いたしません。
安心してご連絡ください。

寺院・墓苑のご紹介

東福寺塔頭
正覚庵

正覚庵の樹木葬
法洲苑

移ろいゆく季節の中 ふと蘇る光景、
感じる風 静かに時は流れる

法洲苑の墓苑ページへ>>

建仁寺塔頭
両足院

両足院の樹木葬
緑雲苑

落ち着いた敷石と樹木に囲まれ 大きなイチョウの木により 涼しい緑陰をつくりだす

緑雲苑の墓苑ページへ>>

大徳寺塔頭
正受院

正受院の樹木葬
茈林壇

春には枝垂桜、秋には紅葉が美しい
京都洛北、紫野の地で
静かに自然に還る

茈林壇の墓苑ページへ>>

― お問い合わせ ―

私たちはご相談をきっかけに強引な勧誘やしつこい営業電話などは一切いたしません。
安心してご連絡ください。