トップページを少しリニューアルしました。綺麗な空、綺麗な緑の写真に見学会の日程をお知らせ致します。さてこの写真の場所がどこだかわかるでしょうか?

綺麗な写真をただただ紹介するのもいいのですが、これは樹木葬に関連するお寺の中にあります。それでは紹介します。

東福寺三名橋


 

東福寺の臥雲橋からの眺め

東福寺には3つの橋があります。どれも車が通れず、人が歩くだけの橋となっています。西から臥雲橋(がうんきょう)、通天橋(つうてんきょう)、偃月橋(えんげつきょう)です。

東福寺の臥雲橋からの眺め紅葉バージョン

特に紅葉シーズンにたくさんの人が訪れるのが通点橋です。このように2千本以上の楓が紅葉する様を見に数万人が訪れます。

紅葉も美しいですが、見比べると青々とした緑も負けずに美しいですね。

臥雲橋と偃月橋


JRや京阪の東福寺駅から徒歩で東福寺に向かう場合、たいてい日下門という門を目指します。その通り道に臥雲橋があります。

では偃月橋はどこにあるのでしょうか?

実は偃月橋を渡った先には、通常非公開のお寺が2つあるだけなので、あまり通る人がいないのです。なのでゆっくり橋からの眺めを見たい場合は偃月橋が穴場なのです。

ちなみにその非公開のお寺のうちの1つというのが樹木葬がある即宗院です。

東福寺にある他の樹木葬地


 

正覚庵(しょうがくあん)

筆のお寺として親しまれている正覚庵です。南門からまっすぐ進むと右手に見えてきます。かなり広い樹木葬地で、木立の中にある墓苑は外界と隔てられた空間になっています。

荘厳院(しょうごんいん)

東福寺荘厳院の墓苑風景

南門入ってすぐ左にある荘厳院です。落ち着いた境内の空間に、竹柵に囲まれた道を進むと墓苑が見えます。東西に延びた墓苑に静かな空間は落ち着いて故人と対話ができるようになっています。