今週は、暑くなったり涼しかったり、雨の日だったりと様々なお天気。日中30℃超えの日もあり、いよいよ夏が近づいてきた様子。昨年同様、マスクをしながらの案内で日中気温が上がると結構息苦しく体力が奪われます。早くマスクなし生活に戻りたいと思う今週は、4組5名の見学となりました。

大徳寺の金毛閣
正受院2020年秋の供養祭のお花

墓じまいしてご縁のある場所へ


大徳寺神奈川県在住 両親用

ご両親用として息子さんがZoomを利用した「おんらいん見学」。ご両親は元々京都出身。お父様のお墓は京都。お母様は息子さんの近くに住んでいる。お父様のお墓が不便なところにあり、毎年お参りに行くのも大変になってきたので墓じまいを考えている。お母様は大徳寺近くで生まれ育ったので、今回大徳寺の樹木葬を見学。墓じまいするにあたってどちらにせよ京都に行かないといけないが、都合よく日程が取れるかわからないので、とりあえずオンラインで見せてもらおうと思ったとのこと。ホームページの動画も見たが、やはり時期によって雰囲気が違うので今回リアルな現状が確認できてよかったとのこと。契約の内容等は納得しているので基本的には契約の意向だが、あとはタイミングをどうするか。また検討して連絡しますとのこと。

建仁寺塔頭両足院の山道
建仁寺塔頭両足院の半夏生の庭

1周忌を前にお墓探し


建仁寺京都府在住 夫婦用

昨年ご主人を亡くされて、自分たち夫婦用として検討。両足院には何度か来たことがあり、樹木葬があることも知っていたがまだ先のことだと思っていた。昨年主人が急に亡くなって、お墓が現実的なものとなり考えなきゃと思いながら半年以上すぎてしまった。1周忌を前にそろそろ決めなければと思い見学に。両足院は場所も来やすく、好きなお寺なので決めたいと思っているが、娘が2人いて本当は一緒に来たかったがタイミングが合わなかったので、後日娘も一緒に半夏生の良い時期にもう一度見学に来たいとのことでした。

京都の樹木葬の案内人より


 

最近の傾向として多いのは、すでにご遺骨があって納骨前提のご見学が増えています。以前はご夫婦生前でという見学が圧倒的に多かったのですが、緊急事態宣言中というこのような状況下なので、急ぎご納骨をお考えの方が多くなるのは必然かもしれません。また、資料請求や見学のお電話をいただいた際によく聞くようになったのが、ホームページの動画を見てなんとなく雰囲気はわかったという声が多くなってきました。「おんらいん見学」も好評ですが、ホームページ内の動画もバージョンアップして皆さんにより雰囲気が伝わるようにしていきたいと思います。

今週は、G.Wを挟んでいましたが、緊急事態宣言で外出を控える方も多く、ご見学は3組5名となりました。急ぎご納骨をお考えの方が多かった印象です。

紅葉の良い思い出の東福寺


東福寺滋賀県在住 両親用

お母様を昨年、今年3月にお父様を亡くされたとのことで、娘様お二人の姉妹でご見学に来られました。両親とも京都出身で、お姉さんは京都在住。妹さんも京都で勤めていることもあり、京都駅から立ち寄りやすい場所で検討していらっしゃいました。東福寺は家族で何度か紅葉を見に行った良い思い出もあるので、見学をお申し込みされました。この4月から探し始めたところで、納骨堂や永代供養墓なども検討したが、やっぱり自然に還れる樹木葬が両親には合ってるかなと思い、樹木葬を中心に検討されているとのことでした。お花がいっぱいある雰囲気もいいが、どうしても花壇みたいな感じがしっくりこないとのことで、東福寺の樹木葬は自然の雰囲気があってお庭も綺麗ですごく気にいったと喜んでおられました。できたら6月初めには納骨をお願いしたいので早めに決めて連絡しますとのことでした。

建仁寺塔頭両足院の山道
建仁寺塔頭両足院の半夏生の庭

知らなかったご縁が繋がる


建仁寺京都府在住 母親用

2年前に亡くなったお母様のお墓としてご検討中の娘様夫婦でご見学に来られました。「母は建仁寺が好きでよく散歩しに来ていました。樹木葬を希望していたわけではないが、お墓がないので建てると管理が大変だし、永代供養でと考えていたら両足院に樹木葬があると知り見学を申し込みました。」とのこと。娘様ご夫婦は近くを通ったことがある程度で、建仁寺の境内に入るのは初めて。もちろん、両足院も初めてでしたが、お庭の雰囲気もよく、「半夏生って母から聞いたことがある」と、お母様は半夏生の特別拝観も来られていたのかもしれません。母は亡くなる前によくイチョウの木を描いていたとのことで、何かとご縁があるのかもと。区画が残りわずかということもあり、早めに決めて連絡しますとのことでした。

京都の樹木葬の案内人より


 

緊急事態宣言下での2度目のG.W。町中は昨年に比べると、人出は多いように思えます。ただいつもの祇園の賑わいには程遠く、大半は自粛されてるように見受けられます。今週はご納骨ありきの見学が目立ちましたが、来週はオンラインでの見学予約も入っております。こんな時期だから外出は控えようという方も、「おんらいん見学」なら簡単に自宅からお寺や墓苑の様子がうかがえます。簡単無料で樹木葬の見学できるので、悩んでる方にはまず「おんらいん見学」をお勧めします。

桜はほとんど散ってしまった京都の街並みですが、陽の光を浴びて新緑がキラキラと緑が輝いています。お寺の境内では青もみじが美しくなってくる季節ですね。今週は4組7名のご見学となりました。

オンラインってなに?


大徳寺福岡県在住 夫婦用

ご主人を亡くされて奥様より問い合わせの電話があり、見学なしで契約したいとのことでした。いまはオンラインでも見れますよとお話したところ「オンラインってなに?」とのご返答。現地に行かなくてもスマートホンやパソコンの画面で現地の様子が見れるとの説明をさせていただき、難しくないならぜひとのことでしたので、今回は奥様がラインアプリを利用しているとのことでしたのでラインでの「おんらいん見学」となりました。3年ほど前に大徳寺に樹木葬があると知っていて、ここがいいねと夫婦で話はしていたけど行く機会がないままだったようです。パンフレットの写真や、ホームページでは見ていたが、ラインのビデオ通話で現地の様子が簡単に見れて大変喜んでいただけました。やっぱり、写真で見るのとは違って雰囲気がよく伝わり良かったとのことです。元々ご夫婦とも関西出身で、娘さんも現在神戸に住んでいるとのこと。娘さんからは賛成されているけど、もう一度話をして進めていきたいとのことでした。

両足院でのおんらいん見学の様子
建仁寺-牡丹

生まれも育ちも祇園


建仁寺神奈川県在住 母と娘さん用

母と娘でZoomを利用した「おんらいん見学」。母は生まれも育ちも祇園。娘さんも中学生までは京都に住んでいて建仁寺は二人にとって縁の深い場所のようです。父はすでに代々墓に入っているとのことで、母と自分用で検討。数年前に生協のチラシで京都の樹木葬を知り、建仁寺にあることを知っていた。こんな時期なのでいつコロナになってもおかしくないし、持病もあるので元気なうちにお墓をと思いはじめたとのこと。最近になってオンラインで見学できることを知って「おんらいん見学」の申し込み。両足院は何度か行ったことはあるが、お墓は見たことがなかった。お庭の雰囲気も案内しつつ懐かしんでいただき、墓苑の案内。本当は現地に行きたかったが、思ってた以上にZoomでしっかり見ることができ良かったとのことでした。

京都の樹木葬の案内人より


 

前回の案内日記でもご案内しましたが、京都の樹木葬では、東福寺・建仁寺・大徳寺と、通常観光で行くことが多い有名な寺院の樹木葬をご紹介しております。お寺の境内には素敵なお庭や、木々がたくさんあり、墓苑も緑に囲まれた場所になります。これからの季節は緑が生き生きとして、見学には最適な時期となります。見学は個別のご案内で、広い境内で密になることもございません。皆様が安心・安全で見学ができ、良いお墓選びができるよう、スタッフ一同全力でサポート致します。

LIFE.(ライフドット)という終活情報サイトの中で、京都の樹木葬が案内している樹木葬墓苑が紹介されました。墓苑それぞれの紹介と、代表の山崎へのインタビューという内容になっております。

ちなみにライフドット様は、お墓や葬儀、仏壇や相続といった、ライフエンディングに関する情報を発信されています。

LIFE.(ライフドット)10月8日インタビュー記事

京都の樹木葬とは


今回の取材は実はオンライン(zoom)で実施されました。イマドキの取材スタイルです。

京都の樹木葬に関しては、当ホームページでも詳しく書かせていただいてるつもりですが、今回の取材を受けてあらためて思うことが多々ありました。

それは、京都の樹木葬がスタートして9年経つのですが、始めるきっかけになった「思い」や、ずっと変わらない「思い」であったり、これからの展望など、我々の「思い」がホームページで表現できていないなと。

現地見学にお越しいただいた方々には、案内の中でお伝えさせていただいてるのですが、その一歩手前のホームページ上で伝えていくことも大切ですね。今回、取材に同席し感じたことでした。

樹木葬の見学


記事の中で樹木葬の見学についても触れてもらっています。

「個別での現地見学」と「おんらいん見学」です。

これまで、合同見学(複数人の参加者が集まって見学)を中心に見学会を開催してきましたが、コロナの影響で個別見学へとシフトしております。個別の方が時間の都合がつきやすく、他の参加者がいないので気を遣ったり自分たちのペースで進んでもらえるなど評判は上々です。オンラインでの見学はまだまだ数は少ないのですが、これからを見据えて対応できるようにしております。

興味があればぜひ「京都の樹木葬」の見学にご参加ください。

 

2020年5月23日京都新聞記事

先日5月23日の京都新聞の夕刊で「おんらいん樹木葬」が紹介されました。

今日にでも全国の緊急事態宣言が解除されそうです。この感染症で与えられた打撃は大きなものですが、得たものもあるはずと思っています。それがこの一つリモートでできる何かです。

おんらいん樹木葬


我々カン綜合計画がご紹介している樹木葬のお墓を画面を通して案内するサービスを始めました。これはこのコロナ禍だけのサービスではなく、今後も続けていきます。

画面を通してというのは、スマホの画面やパソコンの画面を通して現地を見学できることです。通信料が掛かりますが、最近のビデオ通話は、タイムラグも少なくストレスなく会話することができます。

会話もクリアですので、聞きたい事や気になることは、どんどんご質問頂ければと思います。

簡単で楽に


この「おんらいん樹木葬」だけでなく、リモート〇〇は基本的に簡単です。パソコンがなくても今や多くの方が使用しているスマホだけで自宅で遠くの地の様子がわかります。

簡単過ぎて、一度覚えるとすべてのことをオンライン、リモートでしたくなってくると思います。

弊社では、無料通話アプリの「LINE」を使ってやりますが、例えば「ZOOM」というビデオ会議システムを使うこともできます。なるべくご見学希望者のできる環境で対応できればと思っておりますので今後はデバイスやソフト、アプリなども増やしていければと思います。

ぜひお気軽にお申込みください


おんらいん見学を申し込む

新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う外出自粛が続いている中、外出せずに自宅で手軽に好きな時間に樹木葬の無料見学ができ、安心・安全にご契約からご納骨までスムーズに完了できるようなサービスを準備いたしました。

京都大本山 建仁寺、東福寺、大徳寺で樹木葬の運営・プロデュースを手掛ける、運営事務局有限会社カン綜合計画(本社:京都市中京区、代表取締役:山崎 譲二)は、外出したくてもできない事情がある、あるいは遠方で何度も見学に行くことが困難な方に向けて、自宅にいながら手軽に樹木葬の無料見学ができる「おんらいん樹木葬」のサービスを2020年5月1日(金)より開始いたしました。

オンライン樹木葬のイメージ

おんらいん樹木葬とは


無料のアプリ「LINE」のビデオ通話機能を使って、自宅にいながら樹木葬地が無料で見学できるサービスです。遠方で中々現地に行けない、色々見比べたいが移動する体力が不安、外出することが難しいなど、現地に行くことが困難な方でも、現地の「今」を見ることができる見学方法です。
ご契約や納骨についても、無料アプリを介して相談することができます。

オンライン見学しているイメージ

おんらいん樹木葬の良い所

自宅でOK

お持ちのスマートフォンを利用してビデオ通話を行うので、自宅でリラックスした状態で見学することができます。

リアルタイムの解説

直接現地にいるスタッフと話しながら見学するので、気になることはどんどん質問することができます。

事前資料でスムーズに

事前にオンライン見学用の特別資料をお配りしています。見学時はそれを見ながら見学できるので、スムーズに現地の雰囲気を感じることができます。

オンラインビデオ通話のイメージお寺の雰囲気
オンラインビデオ通話のイメージアップの雰囲気
オンラインビデオ通話のイメージグループ

このような方たちへ

これまでも、「見学に行きたくても遠方なので旅行のついでにしか行けない」や、「入院しているおばあちゃんにも見せてあげたい」などの声が少なからずありました。そんな中、新型コロナ感染拡大の影響で、「GW中に見学に行きたいけど行っていいの?」「墓苑は外だから大丈夫?」「東京から行くのに新幹線だと危険かしら?」などの問い合わせが3月以降日増しに増えてきました。
決まった墓地がなくこれから探すという方で、四十九日や百箇日に合わせて納骨をしたいと考えられてる方も多くいらっしゃいます。見に行きたいけど自粛で行けない。そんなたくさんの声に応えるため、安心・安全で無料のオンライン見学をスタートさせることになりました。

こんなことができる

オンラインでの見学にはLINEアプリが必須となります。見学日当日までにスマートフォンやタブレットにインストールしていただく必要がございます。インストールの流れなども当ページや事前資料にて解説しておりますのでチェックしてください。事前に申込者へ弊社登録のLINE IDをお知らせしますので、ご登録いただきます。見学当日はご希望の寺院の山門前よりご連絡いたします。ご挨拶させていただき見学スタート。山門から墓苑までの道のりでお寺の景観を見ていただきながら、樹木葬のシステムのご説明をいたします。墓苑では、現在募集中の区画の場所やご納骨に関してのご説明をさせていただきます。見学中は、いつでも見たいところアップでご覧いただくことができます。また、LINEグループを作ることで、離れて住んでいるお子さんも同時に見学することも可能です。

おんらいん見学予約へGO