ご契約者の皆様にはすでに出欠案内等のお知らせはすでさせて頂いております。明日20日と明後日21日は、本サイトでご紹介している樹木葬地の合同法要祭となっております。

あいにく明日の天気が微妙ですので、お越しの際は十分ご注意してきてくださいね。特にお寺は石階段などがあるので滑りやすくなっています。雨上がっていても油断しないように...

即宗院は19日に


明日19日は東福寺の塔頭寺院の即宗院で合同法要祭が執り行わなわれます。即宗院は樹木葬を始めてからもう8年以上経っていますので、ご契約者様も多く大所帯での法要祭となります。

あいにく雨が降りそうです。雨時々曇りとはなっていますが、おそらく雨です。

ですが、こんな天気でも晴れにしてくれた晴男さんと晴女さんを私は見たことがあります。そういう方が多くいらっしゃるのを期待していましょう。個人的には雨のお寺というのは嫌いではないので、雨もまた良しです。

誰かの小説か、歌詞か忘れましたが、「雨が"悪い"天気って誰が決めたんだよ!」といってました。恵の雨とも言いますし、雨でも残念がらずにいきましょう。

即宗院は、山門前が石の階段だったり、中も石畳があったりと大変滑りやすくなっております。歩きやすい靴や格好でお越しください。またたくさんの方が訪れますので、傘の取り間違いや、靴の間違いなどないように十分お気をつけください。

東福寺即宗院の樹木葬の横から風景
即宗院の道

荘厳院は20日に


20日には同じ東福寺内の塔頭寺院である荘厳院にて合同法要祭になります。天気はおそらく晴れてくれて24℃ぐらいと気持ちの良い時を過ごせそうです。

本堂での法話の際は少し肌寒いと思うかもしれないので、ちょっとした上着を持っておいた方がいいと思います。そして大きな変化ですが、久々に荘厳院に来る方は少し驚くかもしれません。

葬地への道が少し整備したので、入り口が変わっております。

今までは、山門を通って、まっすぐ分かれ道を右に、そしてすぐ左に進んで庭の飛び石を渡りながらすすむと墓苑でしたが、今は庭から入ることができません。

もう少し迂回して、竹やぶがある方まで歩くと、左手に荘厳院樹木葬地の石碑が見えますので竹柵の間を通って墓苑に向かってください。嵐山の竹林の小径を思い起こすような道です。

詳しく説明しても面白みがなくなるので明後日の供養祭をお楽しみに。来れない方は会報でも、お知らせできればと思います。

東福寺荘厳院の墓苑風景
荘厳院の道

年2回の合同法要祭ですが、毎年きてみれば、あっという間な気がします。墓友の輪が広がっているのも感じますし、お寺との縁も深まっているところもあります。

これからも、どうか宜しくお願い致します。