A:引っ越しは可能です。お墓の引っ越しは「改葬」といいますが、樹木葬もお墓となりますので改葬すれば、今あるお墓から樹木葬に移すことができます。

改葬は、地元のお墓を今いる所に移すように、転居したことによりお墓が遠くなりお参りや管理ができなくなった方が自宅近くに改葬することにより管理や供養できるようになります。
改葬は行政手続きが必要となります。今あるお墓から勝手にお骨を取り出して、新しいお墓に移すことはできません。改葬許可証なるものが必要となります。
改葬許可証は自治体で発行してもらうのですが、各自治体によって違うかもしれないのですが、例えば弊社がある京都市中京区では手続きの仕方にこうあります。

  • 改葬許可申請書の用紙を各区役所または医療衛生センターでもらう
  • 申請書に必要事項を記入する
  • お骨を納めているお墓、納骨堂の管理者に証明書欄を記入してもらう
  • 医療衛生センターに申請書の提出し、改葬許可証を受け取る

少し簡単にしてますが、大まかな流れはこのようになります。後は改葬許可証を提出してお墓の引っ越しです。改葬自体は石材店などの専門業者に頼むことになるのですが、お寺の檀家になっている場合は、改葬に伴い離檀する必要があり、離檀料を払う場合があります。本来は、ご先祖の供養をしてもらったことへの感謝の気持ちになる部分ですが、高額な離檀料を請求されたようなトラブルもあり、一筋縄では行かない場合もあるようです。
お墓の引っ越しで樹木葬になる場合は改葬許可証が必要ということを覚えておいて貰えればと思います。