見学予約が増えてきました【樹木葬案内日記更新】

今週末は台風14号が西日本に上陸し、そのまま横断して東日本へ進む予報となっております。京都では今夜から明日の午前中にかけて最接近する模様で、災害への警戒が必要です。幸い、明日18日は見学予約が入っていないのですが、19日は3組の見学予約が。今日明日の台風の影響で、木々の枝が折れたり葉が落ちたりで墓苑の状態は良くないと思われます。とにかく大きな被害が出ないことを願うばかりです。そんな今週は7組12名の見学となりました。

正覚庵-墓苑
両足院-前庭

それぞれに良さがあり悩みます


東福寺・建仁寺大阪府在住 両親用

姉妹で見学。両親のお墓として検討。お父様を最近亡くされたご様子。お母様も体調がよくないとのこと。納骨を急いではいないので、色々見て決めたいとのこと。樹木葬は最近探し始めたところで、京都の樹木葬は永代供養であること、またお寺に対して安心感があることが見学の決め手になった。墓苑そのものの雰囲気は正覚庵を気に入ったご様子でしたが、墓苑までのアプローチや本堂の佇まいは両足院を気に入ったご様子。どちらもそれぞれの良さがあって決めるのが難しいと悩んでおられました。お参りに来るのはご自身なので、ここなら来やすいとか、ここなら落ち着いてお参りできるとか、それぞれお参りに来る立場として自分の条件に合った場所を選んでみてはとアドバイス。姉妹でよく検討してみますとのことでした。

正受院の墓苑の全景
正受院-参道

将来のために


大徳寺京都府在住 夫婦用

ご夫婦で自分たち夫婦用として見学。子供は娘、息子と2人いるが、娘は嫁いで大阪に。息子は東京に住んでいるので、負担をかけないようにと探し始めた。お墓を建てても将来的に無縁になったり墓じまいをすることになっても負担なので、永代供養で樹木葬を探すと大徳寺に樹木葬があることを知って見学に。ご夫婦ともに北区生まれで大徳寺はご友人のご住職もいらっしゃるとのこと。土に還れるということ、また残される子供に負担のかからないシステムなどご安心いただけたようでした。いますぐと急いで決めるつもりはなかったようですが、区画が決まっていくと選べなくなってしまうので、なるべく早く結論を出しますとのことでした。

京都の樹木葬の案内人より


 

お彼岸が近づくにつれて資料請求や見学が増えてきました。暑さが少し和らいで動きやすくなったこともあるのかもしれませんね。8月はオリンピック、暑さ、大雨、感染拡大などあり、現地見学は減少傾向でした。先週あたりから少しずつ増えてきたのですが、今月の見学に限らず、10月の予約も増え始めました。「おんらいん見学」も好評で並行して増えています。10月後半にはセミナーも開催を予定しております。セミナーは樹木葬地のある建仁寺両足院で開催されますが、オンラインでの参加もできるようにしております。次週より開催告知を始める予定ですので、ぜひこの機会にご参加いただければと思います。

カテゴリー一覧

タグ一覧