梅雨が明け東京オリンピック開幕【樹木葬案内日記更新】

梅雨が明けるとともに毎日30℃越えの猛暑日が続いています。お寺までの道のりで疲れてしまう方もいらっしゃいますが、お寺まで来ると木陰が多いので、まずは休憩してからご見学。暑い暑いと言ってると周りも暑く感じるので言わないようにしたいのですが、やはり第一声は「暑いですねぇ」と話してしまいます。オリンピックが開幕し、なんだかんだで応援しようかという雰囲気になりつつありますが、心配は台風。東京を直撃しそうなルートで向かってきています。進路を変えてくれるといいのですが、どうなるのか。そんな今週は4組8名のご見学となりました。

正覚庵-前庭
正覚庵2021年春の供養祭の様子

いまのお墓を改葬して


東福寺滋賀県在住 両親用

ご夫婦で見学。奥様の両親用として検討。お父様はすでに京都のお寺でお墓に入っているが、山の上の方にあってお参りが大変になってきたので改葬を予定。母は健在だが施設に入っており、見学には来れず。両親は紅葉を見に行くのが好きで、東福寺を気に入っていたので、東福寺で眠れるのがいいかと思い見学に。現在のお墓には父の両親も入っており、父も13年前に入っているので、すでにお骨が混ざってしまっているかもしれないとのこと。大部分は現在のお寺で永代供養墓があるので、そちらに移し、一部を持ってきたいとのこと。正覚庵はお庭も墓苑の雰囲気も良く、また非公開のお寺で拝観の人がいないのが特別感があって良いですねと。改葬の準備と合わせて進めていきたいとのことでした。

荘厳院-小径
荘厳院-墓苑

家族とご先祖のお墓


東福寺大阪府在住 家族用

母と娘でご見学。夫婦用か、娘の分も考えるか検討。昨年ご主人が亡くなられたとのことで、代々墓は大阪の南の方にあるが行くのが大変なので、ご主人も別にそこじゃなくてもいいとお話されていたご様子。墓じまいするかどうか悩んでいる間に、亡くなられてしまったようで、奥さんとご主人の妹さんとも相談し、墓じまいすることに。東福寺は家族でよく来ていたので、思い出もたくさんあっていいなと思ったとのこと。夫婦用で考えていたが、娘さんが自分も離婚し子供もいないので、一緒に入れるといいなと。また、墓じまいした後のお骨も現在のお墓に永代供養墓がないのでどうしようか悩んでおられたので、荘厳院の家族墓をお勧め。荘厳院は、4人まで入れる家族墓に、改葬したご先祖のご遺骨も納めることができます。ちょうど考えがピッタリ一致したので、大変喜ばれていました。いまの墓じまいも進めていかなきゃいけないので、もう少し時間がかかるけど、早めに決めたいとのことでした。

京都の樹木葬の案内人より


 

冒頭でもお知らせしましたように、連日猛暑日が続いています。雨が降らないと墓苑の苔が日中は日ざらしになって茶色で枯れた感じになります。また、お供えの花もほんとにすぐ枯れちゃいます。先週までの雨が嘘のような天気が続いていますが、そんな時も、エアコンの効いた涼しい部屋で墓苑の見学ができるのが「おんらいん見学」です。暑い日も、雨の日(大雨の日は電波状況も悪いので中止となります)も、直接現地に出向かなくても見学ができる安心・便利な「おんらいん見学」。すぐ決めるつもりはないという方も、まずは「おんらいん見学」で様子を見て、後日実際に現地を見に行くでも結構です。連日、多くの方に喜んでいただいております。ただし、突然いまからオンラインで見学を、、、となっても準備が必要ですので、前もってお早めに予約いただけると助かります。暑い夏も、「おんらいん樹木葬」サービスで皆さんのお役にたてるよう頑張ります。

カテゴリー一覧

タグ一覧