A:もちろん分骨などせず、すべてのお骨を埋葬することができます。老若男女問わず、国籍問わず粉骨する必要もございませんのでご安心ください。

まず東日本の方がお骨量が多いというのは、文化や風習の違いです。西日本は「部分拾骨」東日本は「全骨拾骨」といわれています。使われる骨壷の大きさも一回り違います。あまり骨壷の大きさまで意識することはないと思います。家族や親戚が近くに住んでたりすると、そもそも、この違いを知らなかったりして気にしない場合も多いです。
樹木葬のタイプによったり運営元によって変わってきますが、京都の樹木葬では十分な納骨空間を設けていますので、お骨の量に関わらず全てを土の下に埋葬します。逆に粉骨していても大丈夫です。
樹木葬地によっては、納骨の際、一部を土の下に残りは永代供養墓にいれたり、または粉骨してからじゃないと納骨できないなどもあるようです。粉骨するにもパウダー加工といって加工費だったり、樹木葬用の骨壷に移し替えるため骨壷費用など掛かる場合もあり、納骨以外の費用が掛かってしまわないよう納骨方法については詳しく問い合わせておくのが一番です。京都の樹木葬の納骨は「納骨について」を参照ください。
万が一にでも、全骨拾骨したお骨で樹木葬にした時「全部入りきらないので、分骨しますね」と直前で言われたら溜まったもんじゃありません。
ご自身やご家族の希望通りに納骨するのであれば、事前に調べておくことが大切です。