春の嵐で全国的に風雨が強まった今週、荒天の後の晴天、晴天からの荒天と不思議な天気の日が多い印象でした。ご見学も雨天のため翌日に変更されるなど、バタバタと慌ただしかった今週ですが、6組12名の方をご案内致しました。しかし樹木葬にとって雨というのは、嫌なことではありません。降った後の苔や樹々の生き生きとした様子は見ていて気持ちがいいです。ただ雨風が強いと墓苑やお寺の景観もじっくり見る余裕がないので見学には適さないので、翌日あたりがおすすめですね。

建仁寺派の末寺から本山塔頭へのお引越し


建仁寺京都府在住両親用

60代女性お一人で見学。亡きご両親用として検討されていらっしゃいました。両親のお墓は九州にあり、遠方で墓守が大変になってきたので、自分の代で檀家もやめて改葬したいと思っているということでした。夏前には改葬して移したいのでそこに向けて準備中。先方のお寺には具体的には話していないが、この数年それとなくニュアンスは伝えてきたのと、そのお寺も建仁寺派のお寺なので理解いただいてるとは思うとのこと。建仁寺まで徒歩圏内に住んでおり、両足院の特別公開も何度か来たことがあり、その時に樹木葬があることを知ったとのこと。お寺の雰囲気を大変気に入っておられ、雨が降った後の墓苑も神聖な感じがしてとても良かったと喜ばれ、区画を仮押さえし2、3日中に契約書を送りますとのことでした。

正覚庵の威徳堂の風景

旧白洲邸のご縁もあって


東福寺東京都在住夫婦用

ご夫婦で「おんらいん見学」からお申込み頂きました。自分達用を検討するということでZoomを使ったビデオ通話でのご案内です。ご主人は元々兵庫県伊丹市出身で、白洲屋敷跡の近くに住んでいたとのこと。何年か前に京都に行った際に樹木葬があることを知ったとのこと。資料請求したら正覚庵に白洲屋敷が移築されていることを知り、これも何かの縁ということで興味を持ったご様子でした。息子様、ご夫婦が大阪に住んでおり、元々関西出身なのでお墓も関西にあれば都合がいいかと思いまずは見学してみようと。こういう時期なので、他府県間の移動は難しいが、オンラインなら現地に行かなくてもいいので、便利だと思いお申込み頂きました。京都の樹木葬ではZoomかLINEのどちらかを選ぶことができたので、日常でもZoomの使用経験がある、「ZOOMでおんらいん見学」でお申込み。東京でも樹木葬を見学したことがあるが、結局石を置いたり骨壷のまま納めたりするので値段は上がるし土に戻らないと感じていたので、正覚庵のシステムや雰囲気は大変気に入ったご様子。また、思ってた以上に現地の様子がよくわかり、現地に行っているような感覚になって良かったとご好評をいただきました。

京都の樹木葬の案内人より


 

今週もオンラインでの見学が2件。今回の2件とも天気の良い日で、画面越しでも良い雰囲気を伝えられたのかなと思いますが、悪天候での実績がないので荒天の際の電波状況は少し不安が残ります。「おんらいん見学」は台風や大雨の日以外はご案内させていただきますが、できるだけ晴天の日が望ましいですね。今は梅が綺麗に咲いていますが、春に向かって草花や樹々が生き生きしてくる季節です。そんな様子もお届けできればと思います。

おんらいん見学はこちら

個別見学はこちら

2分でわかるおんらいん見学ムービー