桜はほとんど散ってしまった京都の街並みですが、陽の光を浴びて新緑がキラキラと緑が輝いています。お寺の境内では青もみじが美しくなってくる季節ですね。今週は4組7名のご見学となりました。

いつもの散歩コースで


東福寺京都府在住 夫婦用

ご夫婦で見学。東福寺は歩いても来れる距離なので、朝夕の散歩だったりでよく訪れているそう。特に春先、秋口は気候がいいので頻繁に来ていたが、樹木葬があると知ったのは最近とのこと。奥様の知り合いが昨年東福寺の樹木葬を契約されて、最近そのことを知って勧められたので一度見てみようとなったご様子。正覚庵、即宗院とご見学されました。何度も東福寺には来ているが、どちらの塔頭(たっちゅう)も行ったことがなく、こんなに素敵なお庭があるなんてと大変驚かれていました。墓苑の雰囲気は、ご夫婦で意見が分かれていましたが、それぞれに特徴があるものの、最終的には自然に還るというコンセプトには大変共感されていました。すぐにというつもりはなかったが、こんなに近くで素敵な場所なので、早めに決めて連絡をしますとのことでした。

大徳寺の金毛閣
正受院2020年秋の供養祭のお花

青もみじの情景が重なって


大徳寺京都府在住夫婦用

母と娘で見学。ご主人を3年前に亡くしており、現在はご自宅に骨壷を安置している。建仁寺も近くていいかなと思ったが、大徳寺はご主人が生まれ育った紫野なので、そちらのほうがいいかと思い大徳寺を見学。墓苑の雰囲気や、静かな佇まいを大変気に入っていただけました。なかでも、墓苑にある青もみじを大変気に入っていただけたようです。亡くなる前の数年間は闘病生活をされていたようで、なかなか外出もできたかったと。元気な時は夫婦でよく紅葉を見て回ったけど、それができなくなった。でも、たまたま病室が変わったときに、ちょうど窓からもみじが見える部屋に移ってすごく喜んでいたそうです。真っ赤な紅葉も好きだけど、どちらかというとキラキラ輝いている青もみじが好きだなぁとおっしゃられていたようです。少し離れたところにもみじが見える雰囲気が、この墓苑の風景と重なるようで大変気に入っていただき、区画を決めていかれました。

京都の樹木葬の案内人より


 

前回の案内日記でもご案内しましたが、京都の樹木葬では、東福寺・建仁寺・大徳寺と、通常観光で行くことが多い有名な寺院の樹木葬をご紹介しております。お寺の境内には素敵なお庭や、木々がたくさんあり、墓苑も緑に囲まれた場所になります。これからの季節は緑が生き生きとして、見学には最適な時期となります。見学は個別のご案内で、広い境内で密になることもございません。皆様が安心・安全で見学ができ、良いお墓選びができるよう、スタッフ一同全力でサポート致します。

2分でわかるおんらいん見学ムービー